Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米海軍は12月に日本で作戦を開始した。

東京の主権主張を受け入れることを拒否する手段として、米海軍は12月に日本海南西部での航行の自由を求めた。

米海軍によると、海軍のアラン・シェパードの配達船は、12月15日の作戦中に、九州と日本の主要な島の1つである韓国の間の対馬海峡近くを航行した。 その船はまた、ボードヘリコプターを飛ばしました。

写真は、2020年12月15日の対馬海峡近くの米海軍補給船のアランシェパード航行作戦の写真です。 (写真提供:第7艦隊)(京都)

この動きは、同盟国である日本と対等な立場で合意していない国際規範に基づく秩序を維持するために、東シナ海と南シナ海でますます定着しつつある中国に対する米国の立場を強調しているように見える。

第7艦隊は、アラン・シェパードが「過度の海事クレームに異議を唱え、国際法に準拠する水路へのアクセスを保護すると主張する領海内で自然な行動をとった」と述べた。

日本政府は、その海域は、海洋法に関する国連条約に準拠した「直線ベースライン」に基づいていると主張しています。この条約は、入り江、島、または沖合に島がある場合に使用されます。 1997年にそのシステムを使用することで、海事クレームを拡大することができました。

米国は、干潮時に計算された海岸沿いの低水路が最も適切であると考えています。

神戸大学国際法学部名誉教授の嵯峨本茂氏氏は、「米国は、地域の海上空域にも影響を与えるため、大胆で率直な基本システムに反対している」と述べた。

12月の動きは、米国が同盟国の解釈に対してさらに厳しいことを示していると彼は述べた。

米国は、1990年代後半から、世界中のさまざまな海域を旅する同様の権利を主張し、対馬海峡近くの東シナ海で何度か同様の作戦を実施してきました。

READ  日本は秋田県の風力発電所のオークションを開始しようとしています