Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米軍が日本沖でオスプレイの残骸を発見

米軍が日本沖でオスプレイの残骸を発見

日本南西部沖の海に墜落した米軍オスプレイ機の大部分を、米国と日本の海上自衛隊の潜水士らが回収した。

米空軍が月曜日に確認した。 CBSニュースによると

空軍特殊作戦司令部によると、残骸にはコックピット内の乗組員8人のうち5人の遺体がまだ残っていたという。

日米両チームは屋久島周辺の海底を捜索しており、「水上艦と潜水チームが飛行機の残骸の主胴体とともに残骸を発見した」ことで突破口が開かれたと空軍は発表した。

「潜水チームは、墜落に関与した当初の乗組員8人のうち、さらに5人の乗組員がいることを確認できた。」

空軍は、月曜日に発見された乗組員5人のうち2人が救出されたと発表し、「残骸から残りの乗組員を救出するための連携した取り組みが進行中である」と付け加えた。

2023年11月29日水曜日、鹿児島県屋久島沖で墜落したとみられる米軍オスプレイの現場周辺で海上保安庁の船舶が捜索救助活動を行っている。

(AP通信)

軍部門はチームメンバー5人の特定を望んでいなかった。 この発見以前には、乗組員 1 人の遺体のみが発見されていました。 空軍は先週、乗組員がジェイコブ・ガリハー二等軍曹(24)であると特定した。

空軍は、米空母カール・ビンソンとその航空翼、ダイバー、無人車両などの他の資源も捜索に使用されていると付け加えた。

日本初のオスプレイ墜落事故は先週、米空軍のCV-22が東京の横田基地で墜落した際に起きた。

2023年11月30日に鹿児島県の屋久島に墜落したV-22オスプレイとみられる浮遊物。

(ロイター通信より)

訓練飛行は山口県の岩国海兵隊航空基地から、この地域最大の米軍基地である沖縄の嘉手納基地に向けて離陸した。

しかしすぐに飛行機は焼島という小さな島への緊急着陸を要求した。 しばらくして島の近くの海に落ちた。

目撃者らによると、飛行機は海面に衝突する前に横転し、炎上したという。

事故後、海上保安庁は地元漁師らの協力を得て24時間365日体制で捜索を行っている。

2023年11月30日、鹿児島県屋久島の港で、捜索活動に参加している漁師たちが米空軍CV-22「オスプレイ」輸送機の胴体と思われる部品をボートから降ろす。

(EPA)

2023年12月1日、鹿児島県屋久島で米軍CV-22Bオスプレイの墜落現場を捜索するためディンギーに乗る米軍関係者。

(GGプレス/AFP、ゲッティイメージズ経由)

飛行機の一部の部品は米軍に提供されました。 日本との地位協定(SOFA)は、米国にこの事件を調査する独占的権利を与えている。

2016年の沖縄沖でのオスプレイ墜落事故で米空軍士2名が負傷した際にも、日本はその後の捜査から外された。

今回の墜落事故は、世界中でオスプレイ機が関与した一連の事故の最新のものであり、日本でも不満と懸念を引き起こしている。

日本はこの地域におけるアメリカの主要同盟国であり、5万人以上の米軍を駐留している。 国内では中止になりました。

日本政府は米国に対し、オスプレイの安全性を調査するまでオスプレイを国内に駐留させるよう要求している。

中国がこの地域で積極的な軍備増強を進めている中、米国は日本政府との関係に悪影響を与える可能性があるとの懸念にもかかわらず、要請を無視し飛行を続けている。

2023年12月4日月曜日、日本の海上保安庁の隊員らが、鹿児島県屋久島の港で墜落した米軍オスプレイの残骸を撤去する。

(AP通信)

2023年12月1日金曜日、鹿児島県屋久島沖で米軍オスプレイが墜落した海域で海上自衛隊が機雷を捜索している。

(AP通信)

日本はオスプレイを飛行している唯一の国であり、日本軍は臨時にオスプレイを運航停止している。

日本の防衛省は、オスプレイを米国の横田基地に6機、沖縄の普天間基地に24機を配備していると発表した。 CBSニュース。

ハイブリッド航空機は10年前に日本で初めて使用され、ヘリコプターのように垂直に着陸し、ローターの角度を変えて飛行機のように高速飛行することができる。

2022年8月23日に撮影されたこの資料写真には、沖縄県宜野湾市中心部の米海兵隊航空基地にある米軍オスプレイが写っている。

(AFP、ゲッティイメージズ経由)

今回の事故で乗組員全員が死亡すれば、オスプレイに関する最悪の事故となる。

これは、8月にオーストラリアの島でオスプレイが墜落し、3人の米海兵隊員が死亡し、8人が入院した後に起こったとCBSは報じた。

昨夏、オスプレイがカリフォルニアの砂漠に墜落し、海兵隊員5人が死亡した。

日本の中道左派新聞「毎日」は、米国との協定を変更し日本が傍観されるのをやめるべきだと主張し、先週の墜落事故の調査に日本が参加するよう促した。

READ  日本はサービス部門のムードを改善しますが、COVIDクラウドの概要の更新を防ぎます