Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米軍上級将軍、プーチン大統領は占領下のウクライナにまだ「20万人以上の兵士」を駐留させていると語る

米軍上級将軍、プーチン大統領は占領下のウクライナにまだ「20万人以上の兵士」を駐留させていると語る

ウクライナは、軍事反撃がすべての目的を達成したとしても、20万人以上のウラジーミル・プーチン軍を自国領土から「追放」するには時間がかかるかもしれないと、退役を控えた米軍将軍が新たなインタビューで主張した。

このコメントは、ウクライナがここ数日、戦闘で破壊されたバフムト近郊の2つの主要な村を奪還し、ロシアが2014年に不法併合したクリミア地域で共同諜報活動を開始するなど、ロシアに対する反撃を強化している中で出された。

統合参謀本部議長として退任する予定のマーク・ミリー将軍はCNNのインタビューで、「ロシア占領下のウクライナには20万人以上のロシア兵がいる」と語った。

さらに、「この攻撃は重要ではあるが、たとえ完全に達成されたとしても、すべてのロシア人を完全に追放するわけではないという意味で、作戦上および戦術上の目的は限られており、これがゼレンスキー大統領が求める広範な戦略目標である」と付け加えた。 ” 彼は言った。

ミリー氏は、ウクライナ全土からロシア兵を排除するには長い時間がかかり、「長期間にわたる非常に大規模な取り組み」になると述べた。

同将軍は、「戦争では多くのことが起こり得るため、そのために時間を作りたくなかった」と語った。

同氏はさらに、「全体的な崩壊やエスカレーション、将来的にはさまざまなことが起こるのは目に見えているが、20万件以上の資金をすべて手に入れるには長い時間がかかるだろうということは言える」と付け加えた。ロシア軍はシリアから撤退する。」 ロシア占領下のウクライナ。 「これは非常に高いハードルであり、これを実現するには長い時間がかかるだろう」と彼は語った。

今月初め、ミリー氏は、悪天候により進行中の反撃が妨げられるまで、ウクライナに残された時間は約45日しかないと述べた。

米陸軍司令官によると、ひとたび雨が降り始めると操縦が非常に困難になるという。

同氏は、最近の反撃に対する批判に言及し、「この攻撃は約90日前に始まった」と述べた。

「計画立案者が予想していたよりも物事はゆっくりと進みました。しかし、それが、(プロイセンの将軍で軍事理論家のカール・フォン)クラウゼヴィッツが言った机上の戦争と本当の戦争の違いです。」

「つまり、これらは本物の車両に乗って本物の地雷原で戦っている本物の人々であり、本物の死と破壊があり、本物の摩擦が存在します。

「そして、まだかなりの時間が残っている。戦闘天候はおそらく30日から45日ほど残っている。したがって、ウクライナ人はまだ終わっていない」と彼は言った。

「この戦いはまだ終わっていない。彼らは達成しようとしていることの戦闘部分を終えていない。だから、我々は見てみるだろう…これがどのように終わるのかを言うのは時期尚早だ。彼らはこれまでに戦ってきた。彼らがやろうとしたことは少なくとも部分的には成功するだろうし、それが重要だ」と彼は言った。 「とても泥だらけになるよ。」

「その時点で操縦するのは非常に困難になるだろうし、その後は深い冬になるだろうし、その時点で事態がどうなるか見ることになるだろう。

「しかし、この攻撃が失敗したかどうかを判断するのは時期尚早です。」

同じインタビューで、英国国防参謀長のトニー・ラダキン提督は、ロシアが同国を統制下に置くことに失敗したため、ウクライナは「勝利した」と述べた。

ウクライナの反攻は4か月目に入り、ウクライナ軍は現在、複数の方向からウクライナ東部地域に接近するなど、ロシア軍に対して一連の地域的成功を収めている。

ロシアは昨年2月にウクライナに侵攻した。

ウクライナの対応は、最新の機械と資金を投入して援助を送り込んできた西側同盟国の支援を受けて、これまでのところ小さな勝利を収めているが、さらなる大きな進展が待たれている。

READ  同じくクジラに飲み込まれたケープコッドのアカザエビダイバーは、20年前に飛行機墜落事故を生き延びました