Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米軍:軍隊は日本のCOVID-19監視アプリケーションを免除しますが、プッシュしません-太平洋

米軍:軍隊は日本のCOVID-19監視アプリケーションを免除しますが、それをプッシュしません

コロナウイルス感染に関するStarsandLinesの記事は無料で入手できます。 ここでより多くのスタッフとワイヤーストーリーを参照してください。 毎日のコロナウイルスニュースレターにサインアップしてください。 サブスクリプションで私たちの雑誌をサポートします。

東京発-東京西部の横田空港で金曜日に発表された最新の政策によると、日本に帰国する米軍旅行者は、COVID-19監視アプリケーションのダウンロードを控えるか、監視手順に従うという誓約書に署名する必要があります。

しかし、米軍の上級上場指導者である日本は最近、その山を死なせないように言った。 空港当局が帰国客が申請書をダウンロードして宣誓供述書に署名することを主張する場合は、事件について話し合うことに時間を費やすのではなく、そうしてください。

「あなたには交差点を越える権利があり、正しい道があるので、本当に車の前に足を踏み入れたいですか?」 コマンドチーフマスターチャージ。 リチャードウィンカードナージュニアは4月22日に米軍ネットワークラジオで言った。

ヴィンスカードナー氏によると、国際的なイベントを作成しないでください。 代わりに、アプリケーションをダウンロードして誓約書に署名してから、それらを削除して無視してください。

日本の米軍は金曜日の午後6時の時点でコロナウイルスの新しい症例を登録しました。 沖縄の嘉手納空港はフェイスブックを通じて、以前に感染した人と密接に接触した後、患者がウイルスに感染したと報告した。 水曜日の夕方、嘉手納は緊密な接触の結果として他の2つの事件を発表した。 その結果、財団によると、不特定多数のより緊密な連絡先が隔離されました。

公共放送のNHKによると、金曜日に東京でさらに698人がコロナウイルスに感染したという。 東京では29日ぶりに、前週の同じ日よりも1日あたりの日数が少なくなっています。

同省のウェブサイトによると、日本の国際空港では、外国人はロケーターなどの監視アプリケーションをインストールし、ビデオ通話用にSkypeやWhatsAppをインストールし、位置情報を保存するためにスマートフォンをセットアップする必要があります。

日本では、新しい乗客がコロナウイルスを運ばないようにするために、14日間の隔離期間が必要です。 アプリケーションは、日本の当局が分離を実装するのに役立ちます。

同省は、「日本に来ると、空港の隔離によってスマートフォンがチェックされる」と述べた。 電話を持っていない乗客は、自費で電話を借りることができます。 まだダウンロードされていないアプリケーションなしで到着すると、空港での遅延を示します。

しかし、米軍本部の横田氏は、軍事協定の状況をカバーする者は、「COVID-19監視アプリケーションをダウンロードしたり、遵守する誓約書に署名したりする必要はない」と述べた。 [government of Japan] Covit-19の手順。 」

ソファは、日本において、米軍のメンバーと個々の米軍、国防総省、および一般市民とその家族の権利、特権、および責任を確立します。 日本は一般的にコロナウイルス感染中の外国人の入国を禁止していますが、ソファの下にいる人は適切な同意を得て日本に行くことができます。

金曜日に横田司令官のアンドリュー・キャンベル大佐が署名した運動の改訂された統制方針によると、米軍がこれらの申請を回避する理由の1つは、運用上のセキュリティです。 制限された移動は、米軍が日本に到着するとき、すべての旅行者に少なくとも14日間の隔離を要求します。

「いくつかの証拠は、外国企業が同様のアプリケーションからユーザーの位置情報とスマートフォンのデータを収集したことを示唆している」とポリシーは述べた。 「このリスクがあるため、SOFAの個人はそのようなソフトウェア/アプリケーションをダウンロードすることをお勧めしません。」

Vinegardnerは、空港職員がSOFAパスポートスタンプを提示し、申請要件が適用されないことを説明することを推奨しました。 それが失敗した場合、彼はフローを続けることを提案しました。

「空港で余分な時間を過ごすことはできません」と彼は言いました。 「これができないと言って株のために死ぬ価値はありません。理解してください、これは必要ではありません。空港でただ立ち上がることを恐れないでください。」

[email protected]
ツイッター: 大瀬ジョセフ・ディッツラー

READ  オリンピックの主催者は、障害にもかかわらずアスリートが日本の味を味わうことを保証します