Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

約200件の症例が日本の米国拠点に関連しています

日本政府は、200近くのCOVID-19症例が米軍基地に関連していると述べています 沖縄の南の島で、 ロイターは報告した

日本の当局者は月曜日に、キャンプハンセンの労働者が先週の金曜日にオミクロンの亜種について陽性であるとテストしたと言いました。

ロイター通信によると、記者会見で松野博一長官は、軍事基地に関連するコロナウイルス感染症は現在180件あると述べ、オミクロンの症例数は不明であると付け加えた。

松野氏は、「日本政府は、米国側に対し、日本の米軍基地のすべての要員が指示を遵守し、違反があった場合には厳格な措置を講じることを確実にするよう再度要請する」と述べた。

沖縄県知事の玉城デニー氏は金曜日、当局が米軍に基地で循環しているタイプを決定するためのゲノム検査を実施するよう要請したとメディアに語った。

日本は、以前のウイルス株よりも伝染性の高いオミクロン変異体に対する懸念の中で、厳格な国境管理を再導入しました。

日本では、流行が始まって以来、170万人以上のCOVID-19の症例と、18,391人のCOVID関連の死亡が記録されていますが、新たなウイルス感染の割合はここ数ヶ月で減少しています。

日本の岸田文雄首相は最近、COVID-19の経口治療を確保するためにファイザーの責任者と話し合ったと述べ、高齢者への追加ワクチン接種が加速されるだろうと付け加えた。

READ  赤い空のパラドックスはあなたに宇宙の私たちの場所について不思議に思わせるでしょう