Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

紅麹の健康被害で厚生省が工場を立ち入り検査

紅麹の健康被害で厚生省が工場を立ち入り検査

日本の保健省と地元当局は、紅麹を含む栄養補助食品の原料を扱う製薬工場を立ち入り検査した。 栄養補助食品は腎臓病やその他の健康被害と関連があるようです。

この工場は、西日本の和歌山県にある小林製薬の子会社によって運営されている。

厚生省と和歌山県の職員17人からなるチームが日曜朝、食品衛生法に基づく検査のため工場に到着した。

紀の川市にある同工場は、昨年12月に閉鎖した小林製薬の旧工場(大阪市)から製造設備を引き継いだ。

小林製薬の広報担当、富山裕子氏は日曜、記者団に対し、立ち入り検査中は当局に全面的に協力すると語った。

土曜日、厚生省と大阪市の職員が小林製薬の大阪工場を立ち入り検査し、昨年4月から10月に製造されたサンプルからピロール酸として知られる物質が検出された。 青カビから発生することが多いこの物質と健康被害との直接的な関連性はまだ明らかではない。

製薬会社によると、金曜日の時点で、同社のベナこうじサプリメントの使用後に5人が死亡、114人が入院している。 影響を受けた人々は腎臓の問題やその他の健康上の問題を抱えていると言われています。 約680人の顧客が健康上の問題で医師の診察を受けた、または受診を希望している。

READ  韓国、福島の水漏れ監視に専門家派遣要請