Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

細胞ベースの食肉のための「オープンイノベーションプラットフォーム」である日本のCulNetコンソーシアムが正式に発足

先週、日本に拠点を置く企業グループ 発表する 国内外の細胞培養肉を開発するためのオープンイノベーションプラットフォームであるCulNetコンソーシアムの正式な立ち上げ。 日本の細胞ベースの食肉スタートアップIntegriCultureが発表した発表では、メンバー企業の詳細とグループの活動の概要が説明されています。

このグループのプラットフォームは、細胞農業における日本で最も目立つ活発な新興企業の1つであるインテグリカルチャーによって開発されたオープンイノベーションフレームワークを中心としています。 Uni-CulNetフレームワークとコンソーシアムの計画は、2020年5月に発表されました。 フレームの説明 「標準的な細胞培養インフラ」として、「民主的な細胞培養の基盤を迅速に築きます」。

コンソーシアムのメンバー企業は、セルソース、培地、CulNetデバイス、製品バイオリアクター、製品処理の5つの異なる分野で協力して、セクター全体の進歩を加速させることを計画しています。

バージョンから

  • 標準化された培地:既存の培地(一次培地)とは根本的に異なるレシピ。 基礎培地はすべての培養細胞製品の原料であり、種類(食品、物質、医薬品など)ごとに異なる種類が必要です。
  • CulNet SystemTMハードウェア:大量生産でも自宅でも、幅広い用途でCulNetシステムを使用できるようにするハードウェア。
  • 製品バイオリアクター:製品の食用部品などを製造するために使用されるバイオリアクター。 農産物として使用されるさまざまな動物が細胞の供給源になると推定しています。
  • 細胞製品の処理:製品の処理と安全性の要件(細胞成分と培養上清)を満たすために必要なプロセス制御。
  • 細胞源:家畜、漁業、およびシステムから細胞を抽出および培養するために使用されるプロセス。これにより、細胞源が生成される場所でプロセスの完全なシーケンスを完了できます。目的の用途、ソース動物の種類などに適合します。

IntegriCultureとその創設者である羽生有希がオープンイノベーションの標準化を推進する原動力であることは当然のことです。 羽生はここ数年、日本で最も目立つ細胞ベースの肉の伝道者であり、彼の会社のオープンイノベーションの精神は、プロジェクトShojinmeatとのDIY培養肉イニシアチブの構築に注力した努力によって示されています。

細胞ベースの食肉産業が成熟するにつれて勢いを増している製造組織は、CulnetConsotiumだけではありません。 市場教育と業界擁護に焦点を当てた業界団体である肉、鶏肉、シーフードイノベーションのための同盟(AMPSイノベーション)のみ 発表する 8番目のメンバーであるOrbillionBioは、Eat Just、Upside、BlueNaluなどに参加しています。 AMPSは、養殖肉産業を支援するための政策に影響を与えるように働きます。 最近の共同業界レターを含む 細胞ベースの肉のラベリングのためのフレームワークへのインプットを求めた後、FDAに。

READ  StadiaProductの責任者であるJohnJusticeがGoogleを去る