Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

終焉を迎えた日本のゲームセンター

何十年にもわたって、日本のゲームセンターは一連の課題に直面してきました。 通常、彼らはハイテクの世界、つまり、最初はマシン レベルのグラフィックスを約束し、最終的にはそれを超えたハイテク ビデオ ゲーム コンソールに属していました。 今、日本のゲームセンターは新たな脅威に直面し、全世界と戦っている: COVID-19。

流行の前でさえ、日本のゲームセンターは 下り方向に. 白人警察の報告によると、2019年には日本全国に4,022のアーケードしかありませんでした.1986年の26,573から減少しました.2000年代後半に日本のゲームセンターに関する本を出版したときからさえ状況は変わっています.アーケードマニア!. 当時、アーケードの数は 9,000 を超えていました。1980 年代半ばの全盛期よりははるかに少ないですが、今日の 2 倍です。

何年もの間、ボウリング場やショップの屋上が娯楽施設としての役割を果たしてきました。 たとえば、ナムコは 1950 年代半ばにエンターテイメント ビジネスを開始し、横浜の松屋店の屋上に木製のホビー用馬を 2 頭建てました。 1970 年代初頭までに、現代のアーケード ゲームのパイオニアである電気機械式ゲームを含むように拡大しました。

私たちが最初に知っているアーケード ゲーム 爆発した 1970 年代後半の日本では、スペース インベーダーというゲームが国民の想像力をかき立てました。 ゲーム センター (カフェはしばしばアーケードに改造されました) は「インベーダー ハウス」と呼ばれ、古典的なスペース シューティング ゲームとの関連が非常に強いものでした。

1970 年代後半から 90 年代前半にかけて、使い捨ての現金を持った若者と、家庭用ゲーム機よりも優れたグラフィックスを提供するアーケード キャビネットのおかげで、アーケードが繁栄しました。 しかし、任天堂やセガなどの家庭用ゲーム機がより強力になり、インターネットによってオンライン ゲームが可能になると、日本のアーケード ゲームは家庭用ゲームでの優位性を失いました。

時代と技術の進歩にもかかわらず、アーケードには常に、より優れたグラフィックスや CPU に置き換えることのできない特定の魅力があります。 それらは、ノスタルジーから抜け出し、別の時代にタイムマシンを移せる場所であり、そして最も重要なことに、志を同じくする人々と交流できる場所でした。 このアピールは従来のプレーヤーに限定されませんでした。 2010年に日本経済新聞 言及された 廊下はますます高齢者の社交ハブになりつつあります。 ある 65 歳の男性は、ジムに行って友達をたくさん作ることは「夢のよう」だと言いました。

アーケードを魅力的なものにしているものの多く、つまり人間の相互作用は、今や非常に制限されています。 東京と大阪で緊急事態宣言が発令されると、大手ゲームセンターのタイトーとセガはゲームセンターを一時的に閉鎖した。 開いた位置にいる人は、キャビネット、ボタン、コントロール レバーの消毒などの予防措置を講じていますが、雰囲気はまったく同じではありません。

タイトーのエンターテインメント部門の営業損失と純売上高の急激な落ち込みを説明する際、親会社のスクウェア・エニックスは最近の決算報告で、これらの閉鎖は新型コロナウイルスの感染拡大に対抗するためのものだと説明した。

スクウェア・エニックスは、「エンターテインメント市場は、COVID-19のパンデミックからの直接的な影響により、厳しい経営環境に直面し続けています。 追加しました その最新の財務結果で。 カプコンも ノート 影響を受けるのは、アーケード内の歩行者だけでなく、アミューズメント機器の製造に対する需要でもあります。 業界全体が打撃を受けた。

複合効果の乗算。 たとえば、国境がまだ閉鎖されているため、外国人観光客に依存するアーケードはこれまで以上に危機を感じています。 昨年以来、東京のいくつかの有名なアーケードが閉鎖されています。 セガ秋葉原2号館旧秋葉原済州地域の先生、48歳 新宿プレイランドカーニバル.

「仕事は大変でしたが、この日を乗り切ろうと思っていました」 新宿プレイランドカーニバル ディレクター 下田典之 伝える 朝日新聞が休刊について語っています。 「自分の気持ちを表す言葉が見つかりません。」

パンデミックの間、アーケードを強化する上で、日本政府からの援助や関心はほとんどないようです。 レーンが閉鎖されるたびに、この国のゲームの歴史と文化の一部が失われます。

「政府はこの絶望的な状況から抜け出すために何もしてくれません」と、東京アーケードミカドのマネージャーである深町靖氏は今年初めにAFPに語った。 「収入が半分以上減ってしまった。これはショッキングだ」

ミカドオーナーの池田実が無理やり入れられた 叫ぶ 昨年のキャンプファイヤーのクラウドファンディングサイトにて。 幸いなことに、3,800人以上のファンが入場し、3,732,882円(約343,000ドル)を集めました。 すべてのゲームがそれほど幸運だったわけではありません。

しかし、まだ日本のアーケードを数えないでください。

ゲーム会社は楽観的な見方をわずかに示しています。 セガサミーは、「新型コロナウイルスの影響で落ち込んだアミューズメント施設の運営は回復傾向にあるが、顧客の購買衝動を取り戻すにはしばらく時間がかかることが予想される」と記している。ステートメント。 ゲームの巨人は、セガ エンタテインメントの 85.1% の株式を売却しました。 株式会社GENDAの娯楽施設を運営する子会社。 2020 年 12 月。同様に、スクウェア・エニックスは、そのエンターテインメント センター、特に郊外のショッピング モールで復活していると述べました。

これは、日本のアーケードがこれまでに直面した最大の課題かもしれませんが、ゲームはまだ終わっていません。

誤報と大量の情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックで拡大)

READ  「スウィングスリッパ発祥の地」:世界市場に足跡を残す西日本の都市