Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経団連「成長のカギはアニメ・マンガ文化」

経団連「成長のカギはアニメ・マンガ文化」

日本を代表する貿易ロビー団体は、日本の経済成長を促進する柱として、アニメ、マンガ、ゲームを促進するための政府の新たな取り組みを求めています。

経団連(日本経済団体連合会)による4月7日の提案は、映画、演劇、音楽を含むコンテンツ産業に焦点を当てていた.

日本は、クールジャパン構想の一環として、これらの分野に政治的支援を提供してきました。 しかし、経団連の関係者は、政府には戦略的アプローチが欠けていると述べた。

日本はその優位性を失う危険性があると同ビジネス組織は述べ、韓国や独自のコンテンツ産業を開発している他の国々が利益を上げていることを指摘した.

この提案は、約10年で、現在5兆円(380億ドル)と推定されている日本のコンテンツ企業の海外市場の3倍から4倍の目標を設定した.

具体的には、経団連は政府に対し、コンテンツ産業を後押しする取り組みの先頭に立つことを任務とする機関を創設するよう求めた。

彼はまた、外国人の業界専門家が日本に来て働くことを奨励し、アニメファンが「巡礼」に行くのを助けるなど、観光を刺激するために業界のリソースを利用することを奨励する環境を求めた.人気作品の注目スポットへ。

事業団体は、日本のサブカルチャーが海外の人々の心をつかめば、地政学的リスクも軽減されると主張した.

経団連の十倉正和会長は漫画やアニメに強い関心を持ち続けており、最近の訪日時に韓国のユン・ソクヨル大統領とバスケットボール漫画「スラムダンク」の翻案について話し合った。

READ  日銀は微妙にアプローチを変えている