Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経団連が円安の是非を議論。 商業ロビーは伝統的に通貨安を支持してきた

経団連が円安の是非を議論。 商業ロビーは伝統的に通貨安を支持してきた

読売新聞資料写真
経団連会館ビル

関係筋によると、日本経済団体連合会(経団連)は来月初めの会長と代理の会合で、円安が日本経済に及ぼすプラスの影響とマイナスの影響について話し合う予定だという。 伝統的に円安を好む企業団体が円安の是非を取り上げるのは異例だ。

12月4日に開催予定の取締役会には、取締役会長の十倉正和をはじめ副社長全員が出席する予定となっている。 一部の経団連加盟企業は円安が日本経済に与える影響を懸念しており、副会長らはこの問題について意見を求めるとみられる。 。

会議は閉会するが、組合は議論の結果を今後の政策提案に反映させることが期待される。

戦後の高度経済成長期以降、日本の主力産業である自動車メーカーや電機メーカーにとって円安は、輸出型企業にとって通貨安が有利なため歓迎されてきた。

経団連の会長職は伝統的にこうした輸出企業の幹部が務めてきたため、産業界は円安を有利に捉える傾向がある。

しかし、昨年4月以降の急激な円安により、日本経済への悪影響が明らかになりました。 一時は1ドル=151円まで上昇した。

日本はエネルギー輸入に依存しており、エネルギー価格の上昇は中小企業の利益を特に圧迫している。 物価上昇が賃金上昇を上回り、消費を抑制した。

日本銀行は、経済情勢や物価情勢に応じて金融緩和策を調整し続けています。 しかし、経団連の副会長の一人は、動きが遅すぎると述べた。

中央銀行に対し政策のさらなる変更を求める声が強まる可能性がある。

READ  米国がASEAN諸国に勝ち、経済協定に参加-BenarNews