Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経済制裁のなかで、日露の水産業交渉が始まる

2021年4月10日、北海道ニムロの歯舞漁港で今シーズン初の鮭とマスを求めて漁船に手を振る。よみうりしんぶんファイル写真

東京-日本とロシアは、ロシアのウクライナ侵攻によりスケジュールが遅れた後、鮭とマスの漁業に関する年次交渉を開始した。

月曜日に始まり、オンラインで行われている交渉は、日本がウクライナでの敵対行為に対してロシアに経済制裁を課しているときに行われている。 交渉期間は無制限です。

日本側には、水産庁、外務省、北海道庁の関係者や漁業関係者が含まれています。 ロシア側には、連邦水産庁と外務省の職員が含まれています。

会談中、双方は、日本から200海里の海域で操業する日本の漁船の漁獲制限とロシアに支払われる関連費用について交渉する。

多くの鮭や鮭は北海道沖のロシアの川で発生しました。 国連海洋法条約の原則に基づき、魚が河川で発生する国は、魚の資源を管理する責任があります。 その結果、一部の魚を漁獲する日本の船舶の割当量は、船舶が日本の排他的経済水域内で運航しているにもかかわらず、二国間交渉によって決定されます。

日本の排他的経済水域での鮭とマスの釣りシーズンは、通常、交渉が終わった後の4月10日までに始まります。 しかし、今年はロシアのウクライナ侵攻により交渉スケジュールが延期された。

2021年の交渉は3月29日から4月2日まで行われ、漁獲量に応じて2,050トンの割当量と2億6,000万円から3億円の手数料が合意された。

松野博一内閣官房長官は、月曜日の記者会見で、「私たちは、漁業活動に関連する権利と利益を維持し、確保するために全力を尽くします」と述べた。

関連記事

NATOは、韓国との「持続可能な」軍事交流、「実質的な」防衛協力を求めている

ウクライナの戦争:最新の動向

フランスはロシアの戦争犯罪を調査するためにウクライナに警察官を派遣します

ウクライナはマリウポリのロシアへの陥落に備える

毎日のニュースレターを購読する

以下を読んで

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

への参加 インクワイアラープラス フィリピンデイリーインクワイアラーと70以上のタイトルにアクセスするには、最大5つのウィジェットを共有し、ニュースを聞き、早ければ午前4時にダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 8966000に電話してください。

フィードバック、苦情、お問い合わせについては、 お電話ください。

READ  コロナウイルスの時代にサーカスを生かし続ける学校について学ぶ