Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経済成長と復興を促進するための日・ウクライナ会議(首相の発言)

経済成長と復興を促進するための日・ウクライナ会議(首相の発言)

[Provisional translation]

令和6年2月19日、岸田総理は、東京で経済成長と復興の促進に関する日・ウクライナ会議を開催し、基調講演を行いました。

基調講演で首相は次のように述べた。

「シュミハル首相、皆様。
まず、ロシアによる侵略の勃発以来、2年間にわたって自国の自由と独立を守り続けてきたウクライナ国民の勇気と忍耐力に最大限の敬意を表したいと思います。 日本は昨年G7議長国として、ウクライナ支援に関する国際議論を主導し、資金援助を含む強力なパッケージを提供した。 日本はウクライナを支持しており、今後もそうしていくだろう。

本日の会議は、2023年3月の私自身のウクライナ訪問にルーツがあります。私はG7議長としての立場でウクライナを訪問しました。 キエフでのゼレンスキー大統領との会談で、ゼレンスキー大統領は、ウクライナの長期復興に向けた我が国の経験、技術、我が国の投資に対する強い期待を明らかにした。

訪問後、私は、日本には、私が「日本独自の貢献」と呼ぶ大きな可能性を秘めていると確信し、経済成長と復興を促進するために、この日・ウクライナ会談を開催することにしました。

ゼレンスキー大統領はかつてこう言った。「あなたのお金は慈善活動ではない。 「これは世界の安全保障と民主主義への投資です。」 追加で発言させていただきたいと思います。 それが「未来への投資」です。 ウクライナ内戦は現在も続いており、状況は容易ではない。 しかし、経済再建の推進は、ウクライナの将来だけでなく、日本と世界全体への投資を意味します。 私たちは皆の未来のために努力しなければなりません。 我が国は、大きな可能性を秘めたウクライナの経済成長につながる経済復興と産業強化を官民を挙げて強力に支援してまいります。 私たちの目標は、ウクライナが農業、製造業、IT産業などの主要分野を含む第一次産業から第三次産業まで包括的な経済発展を達成できるよう支援することです。

本日はこれらを踏まえ、「日本独自の貢献」を実現するための「3つの原則」「5つの行動」「50の約束」をウクライナ国民の皆様と共有したいと思います。

まず、「日本独自の貢献」を推進するための重要な原則が3つあります。

3原則の1つ目は「包括性」です。
私たちは、「人間の尊厳」を重視し、女性や子どもを含むすべてのウクライナ国民に寄り添い、「女性と平和と安全」(WPS)の観点から、自立に向けたウクライナの持続可能な開発と復興を支援していきます。 。 長期。

2つ目は「パートナーシップ」です。
ウクライナ再建の過程における主役はウクライナ国民でなければならない。 ウクライナの長期的かつ持続可能な復興を促進する鍵は、日本からの一方的な支援ではなく、ウクライナ国民と協力することである。 我が国としては、ウクライナ側のニーズに誠実に対応し、丁寧に対応してまいります。

3つ目は「知識と技術」です。
日本の戦後・災害復興の知見や民間の先進技術・知見を活用し、官民一体となってオールジャパンで取り組んでまいります。 もちろん、大企業だけでなく、先進的な技術を持つ中小企業にも参加の門戸は開かれています。

ウクライナにおける日本の民間投資と雇用創出を促進するために、これらの3つの原則に加えて、私たちは次の5つの行動を講じます。 本日の会議の重要な成果の一つとして、これらの結果を発表させていただきたいと思います。
まず、法的基盤の整備の一環として、新たな租税協定を締結いたします。 投資協定の見直し交渉も開始する。
第二に、ウクライナの復興を促進するため、欧州復興開発銀行(EBRD)の増資への拠出や黒海貿易開発銀行を通じた二段階融資など、国際金融機関を通じたウクライナ支援を行ってまいります。株式会社国際協力銀行
第三に、二国間協力の一形態として、ウクライナのベンチャーキャピタリストに対する政府開発援助及び国際協力機構(JICA)民間投資融資を通じたPPPプロジェクトを実施します。
第四に、両国間の貿易、投資、通商関係を拡大するため、キエフにジェトロ事務所を設置します。 さらに、NEXIは日本企業の投資・貿易リスクを軽減するため、新たな融資枠を設定します。
第五に、日・ウクライナ協力事業に参加するウクライナ国民に対する数次査証の要件を緩和する措置を講じます。

3 つの原則と 5 つの行動に基づく具体的な取り組みは、新興企業を含む日本企業とそのウクライナのパートナーとの間の 50 以上の協力成果文書に反映されています。

日本はこれらの措置や規定を着実に推進していきます。 日本は、初期の緊急支援や日常生活の再建から、より積極的な産業の再建・強化に至るまで、さまざまな段階でウクライナの経済発展を支援するために引き続き全力を尽くしていく。 我々はまた、ウクライナの経済基盤を構築するために講じる様々な措置を通じて、人々の日常生活を再建し、新たな産業を創出するウクライナの努力を支援し、それが復旧・復興プロセスをより持続可能なものにし、最終的には
経済全体をより強力にします。

ウクライナの再建は一夜にして達成されるものではありません。 この方向への国際社会の結束を強化することも必要である。 私たちはパートナーや国際機関と協力し、G7や他の国々と緊密に連携していきます。 我々は、来年6月にドイツが主催するウクライナ復興国際会議を含む、国際的な議論の様々な展開と緊密に我々の措置や取り組みを連携させるつもりである。

ロシアの侵略によって残された傷跡を克服した後、ウクライナが再建し、活力を取り戻すことができることは、日本と国際社会全体の利益となる。 本日お集まりの皆様におかれましては、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ありがとう。”


READ  日本経済は縮小しているが、以前考えられていたよりも低い速度で