Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経験に基づく優れた防災技術

東日本大震災から10年以上経った今でも、将来の脅威に直面して防災技術は成長を続けています。

これらのプロジェクトの中には、仙台市と隣接する福島県の企業を海外で活動する企業とリンクさせる計画があります。

両市町村は、連邦政府および日本貿易振興機構(JETRO)と協力してプロジェクトを運営しています。

仙台市の荒木田修は、重要な作業を行う必要があることに同意しました。 「次の10年間は​​、回復中に学んだ知識を世界と共有することです」と彼は言います。 「私たちは、産業界、政府、その他のグループ間の協力を発展させ、防災部門を発展させ、新しい解決策を考え出す組織を作りたいと思っています。」

エピデミック時にオンラインで実施されたテストを通じて、世界中の40社が応募し、そのうち9社が最終的な削減を行いました。

日本からは、テクノロジー企業の三井情報を含む4つの大企業がプロジェクトに参加しました。 戦隊事務所は、調査会社と協力して、地震センサーからのデータを分析することで被害を自動的に予測し、建物の所有者にレポートを送信することができます。

三井情報業界は、ソーシャルメディアと連携してシステムを改善し、実際の地震が発生した場合に地元のユーザーがアップロードした写真やビデオを分析できるようにしたいと考えています。 これにより、当局は被害をより正確に評価し、避難のための安全な場所を特定することができます。

プロジェクトのこの側面について、同社は、人々がインフラの問題を当局に報告できる「スマートシティ」技術を専門とするインドネシアの「手がかり」との提携を検討しています。 たとえば、地元の人はピットを見て写真を撮り、関係当局に送ることができます。

「手がかりはすでにインドネシアでスマートシティサービスを提供しており、独自のシステムを構築しているので、それらのアイデアと長所を組み合わせて新しいアイデアを作成したいと思います」と三井情報のタンド・ショイシは言います。

新しいプロジェクトは、東日本大震災で被災した地域の企業と世界中の企業を結びつけ、より優れた防災技術の創出に貢献しています。
ビデオを見る4:06

優れたプレーヤーは大きく考える

このプロジェクトは、地元の小さな企業がグローバル化する機会です。 その中には、戦隊を拠点とするIT企業Antexがあり、最初の経験に基づいたアイデアを持っています。 10年前、東日本大震災後、三島淳社長は避難所で改善の余地を見つけました。

「センターが何かを必要として要求を出したとき、いくつかは必要以上のものを手に入れました」と彼は言います。 「同時に、100人のセンターでは10人未満しか商品を受け取れません。ミスマッチがありました。」

この問題に対処するための1つのアイデアは、AIまたは画像認証ソフトウェアを使用して、実際の救援物資が必要な警官の頭、年齢、性別に関する情報を表示することです。

このアイデアを実現するために、企業はタイの企業を含む外国企業と会いました。タイの企業は、同様の手法を使用して、いつ製品を再開するかを店主に示しています。 3月の会議は取り引きなしで終了したが、企業は彼らが話し続けると言っている。

「私たちには経験があります。本当の痛みと恐れを知っています」と三島は言います。 「私たちはソリューションを作成し、戦隊から世界と共有したいと考えています。」

ゼトロ地域投資課長のギガワミキコ氏は、このプロジェクトがより多くの外国企業を引き付けるのに役立つことを望んでいる。 通常、そのような企業は、日本に事業を拡大するときに東京のような主要都市だけを見ると彼は言います。

「ここでの経験は、外国企業にとってバランスの取れたものになるでしょう」と彼は言います。 「このような大災害に直面した都市は世界にいくつかありますが、それはどこでも起こり得ることです。」

READ  GEは日本にハリケーンに強い海上タービンの設置を推進