Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

絶対多数がなければ統治はしない – ポリティコ

絶対多数がなければ統治はしない – ポリティコ

バルデラ氏は、エマニュエル・マクロン大統領の早期選挙実施という驚きの決定に端を発した急速な立法運動において、国民戦線党の陣営を主導している。 フランスでは伝統的に、大統領が議会選挙で自陣営が敗北した場合、議会の主要政党または連立政権の党首を首相に任命する。

このようなケースは、フランスでは次のように呼ばれています。 住宅現政権下ではこれが3回あったが、第2回投票後の7月7日では状況はさらに複雑になる可能性がある。 全国集会の最中に 期待される 国会で最大議席を獲得するためには、絶対多数に必要な289議席を獲得することは現段階では見込めない。

少数政権となった国民戦線は他の政治勢力との連携を模索する必要があるが、他のほぼすべての政治勢力が極右に対する強い反対を表明しているため、その課題は複雑になる可能性がある。

バルデラ氏は、「多元主義と共存することでフランス人の日常生活を変えることができると誰が信じられるだろうか。誰も信じられない。裁かれるためには絶対多数が必要だ」と語った。

2022年以来、マクロンと首相は絶対多数を持たずに統治しており、ケースバイケースで臨時多数を獲得したり、憲法の仕組みを利用して議会の投票を無効にしたりしている。 マクロン政権は数十回にわたる不信任投票を乗り越えてきたが、少数派の国民戦線政権は敗北して辞任を余儀なくされるリスクが高まり、2027年の大統領選の野望が挫折する可能性がある。

一方、フランス左派は、極左「自由なフランス」の指導者ジャンリュック・メランション氏が自分のやり方を強行するのではないかとの懸念もあり、議会で勝利した場合に誰が首相として統治するかという問題を避けようとしている。 メランション氏は、自分自身に「押し付けようとはしない」と語った。

火曜日、社会党党首オリヴィエ・フォール 名前付き 左派が選挙に勝利できた場合、7月7日以降に新たに選出された左派連合メンバーの間で首相を指名する投票を実施する。

READ  コソボのハシム・サチ元大統領の裁判がハーグで始まる