Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

緊密な関係を強化するための「日本とブータンの友情の年」

ブータンの人々への新年のメッセージを西岡大将の話から始めることができて光栄です。 日本とブータンの友情の歴史は、1964年に日本の農業専門家である西岡京治がブータンに派遣されたときに始まりました。西岡京治がブータンに住んでいた28年間で、彼は農業部門に大きな発展と近代化をもたらし、変化しました。ブータンの農民の生活。

農業への貢献とは別に、彼はこの地域に学校や診療所も建設しました。 彼は単なる栽培の専門家ではありませんでした。 彼の心は人々の生活を改善することに固執していました。 彼がブータンの人々に本当に受け入れられたことは非常に喜ばしいことであり、4番目の陛下は彼に「Dashu」というニックネームを与えました。 彼がこれまでにそのような名誉を受け取った最初で最後の外国人であることを私は理解しています。

西岡大将は、1992年にティンプーで亡くなるまで、ブータンで一生を過ごしました。 彼の死後30周年を迎える2022年の初めに、ブータンの人々の心にその精神が息づいている西岡大将に心からの敬意を表したいと思います。

2022年はまた、1987年に日本とブータンの間でJOCVが締結されてから35周年を迎えます。合計で約500人の日本人ボランティアがJOCVの下に派遣されました。 ブータンの社会的発展に貢献するという強い意志を持って、これらのボランティアはブータンに住み、彼らのスキルと経験をブータンの人々と共有しました。 彼らは、農業、農村開発、公共サービスの改善などの分野でブータンの発展に多大な貢献をしてきました。 西岡大将の精神を強く受け継いでいます。 日本とブータンの友好的かつ強固な関係の基盤は、これらの専門家の献身的な努力によって部分的に築かれたことを誇りに思います。

1987年には、日本の皇室とブータンの王室との交流も始まりました。 その年、天皇陛下、そして今上天皇徳殿下が、日本皇室の一員として初めてブータンを訪れました。 ブータンでの4日間の滞在中、陛下は街を歩き回り、写真や竹の工芸品を鑑賞し、田舎の農家の家で地元の醸造所を味わいました。 ブータンへの訪問を振り返る王陛下の言葉は次のとおりです。「あなたは私に何度も刺激を与え、私が時を超えて夢の世界にいるように感じます。陛下を含む、私と同世代のブータンの王室。」 それ以来、日本とブータンは、日本の皇室とブータン王室の間の一連の交流の強力な支援を受けて、相互理解と友情を深めるために努力してきました。

2011年にジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチャック陛下とジェツン・ペマ・ワンチャック陛下が来日したことは、私たちの友情の象徴でした。 陛下は、東日本大震災による前例のない困難に直面していた日本人の前に立って、国会で演説する際に、次のように述べています。苦しんでいます。しかし、これらの逆境からより強く、より大きく立ち上がることができる国が1つあるとすれば、それは日本とその国民です。私はこれを確信しています。」 私を含む多くの日本人は、これらの言葉にとても励まされました。 王陛下がティンプーで被災者の追悼式を行ったとき、日本人の心は温かさに満ちていました。 ブータン中の寺院で3日間犠牲者のために祈ったブータンの人々の親切さに日本人は感動しました。 ヒマラヤの地に本当の友達がいることを決して忘れません。

今年は西岡京治の死後30周年、青年海外協力隊の締結から35周年、そして皇室のメンバーが初めてブータンを訪れた年です。 私たちの友情を更新し、強化するための他のより良い機会は何ですか? 今年は「日ブータン友好の年」として、両国の緊密な関係をさらに強化していきたいと思います。

全世界がCOVID-19と闘い続けていますが、人と人との交流の分野を含め、二国間関係を強化するための私たちの共同の努力は決し​​て止まりません。 パンデミックにもかかわらず、ブータンが東京オリンピックとパラリンピックに選手を派遣したという事実は、私たちに多くの励ましを与えてくれました。 東京の国立競技場でブータンの旗がはためくのを、まるで自分の一部であるかのように誇らしげに見ました。

昨年10月にブータン政府の支援を受けて「ブータン2021年ジャパンウィーク」が開催されたことは大変喜ばしいことでした。 「日本の詩の表現:和歌、お菓子、歌と踊り」、折り紙ワークショップ、生け花デモンストレーション、盆踊りワークショップなど、さまざまなオンラインイベントが開催されています。 また、この機会に、ブータンの草の根文化プロジェクトに対する日本無償資金協力の最初のプロジェクトとして柔道道場を発足させる式典が行われました。 この柔道道場は、ブータンでの柔道の振興だけでなく、両国間の文化・スポーツ交流の拡大にも貢献すると確信しています。

流行の発生以来、多くのブータン人学生が日本への旅行をキャンセルしたか、次の旅行の機会を心配して待っている可能性があります。 生徒だけでなく、先生や保護者も心配していると思います。 近い将来、現在の課題を乗り越え、今年があなたの夢を実現し、日本とブータンの関係をさらに深める年になることを願っています。

私たちの経済的および社会的開発プログラムはまだ正しい方向に進んでいます。 これらのプロジェクトには、一次国道4号線の橋の再建、若い職員を訓練するための奨学金プログラム、ブータンの病院への超音波スキャナーの提供、デジタル地形図作成プロジェクトなどが含まれます。 この協力は今年も継続され、さらに具体化されると確信しています。

ブータンを訪れる日本人はすぐにブータンのファンになります。 その理由の一つは、ブータンがその文化、社会、伝統を守りながら経済を発展させようとしていることです。 これは私たちの心に触れます。 日本とブータンは、心からの共通の価値観を共有する2つのアジアの国です。 困った時の友が、真の友。 日本は常にブータンの友人でありパートナーであり続け、ブータンの人々と緊密に協力していきたいと考えています。

二人の友情をさらに深めるために全力を尽くします。 西岡大将の足跡をたどって、より信頼と友情を築いていきましょう。

による共有 鈴木聡

ブータン王国駐日日本大使

READ  日本の新しい大蔵大臣鈴木はどんな急激な円の動きに対しても警告します