Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

総領事がサリー州でのビジネスの可能性を探る

総領事がサリー州でのビジネスの可能性を探る

最近在チェンナイ日本国総領事に任命された高橋宗男氏は、ティルパティ地区にあるサリーシティ・ビジネスセンターのビジネスの可能性を探り、関心のある日本企業に投資先の提案を提示した。

火曜日のサリー訪問中、同氏はダイキンといすゞの工場を視察し、サリー日本産業協会の会員らとそれぞれの事業についての対話に参加した。

宗男氏は、大都市チェンナイ、国際空港、港などに近いサリー州の複数の利点を認め、さまざまな分野で事業を展開する日本企業からの関心が高まると期待していると語った。

キャンパスツアーに同行したスリシティの創設者兼マネージングディレクターのラビンドラ・サナレディ氏は、国内で2番目に大きいことで知られる日本人専用地区の存在を指摘した。 「自動車、エンジニアリング、物流などの分野で30もの有名ブランドがここにあり、総投資額は1万6000億ルピーで、2万件以上の雇用機会がある」とサナレディ博士は語った。

こちらは購読者限定の特集記事です。 毎月 250 以上の注目記事を読むには

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

無料記事の制限を使い果たしました。 質の高いジャーナリズムをサポートしてください。

これが最後の無料記事です。

READ  米中格差で日本企業が利益を得る