Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

編集者:日本のウクライナへの支援は武器輸出を拡大することはできません

日本が他国と協力してウクライナに援助を提供し、許されないロシアの侵略に対して困窮している国を支援するという強力な主張をすることができます。

しかし、武力紛争に巻き込まれた国に防衛装備を提供するという政府の前例のない決定は、日本の制限的な武器輸出政策の遵守について深刻な疑問を投げかけています。 そのため、政府は、手続きの完全な透明性を確保するために、より包括的な説明を提供する義務があります。

さらに重要なことに、ウクライナに対するこの特別な支援は、武器輸出に関する日本の原則のさらなる促進につながるべきではありません。

ウクライナからの要請に応えて、政府は先月、防弾チョッキ、ヘルメット、テント、野外食料を国に提供しました。 今月、政府は、ウクライナにドローンとガスマスク、および化学薬品から身を守るための防護服も提供すると発表しました。

日本は、非戦闘カメラを搭載したドローンをウクライナに出荷します。ウクライナは、米国や他の国々が提供するものとは異なり、武器を搭載していません。 インテリジェンス、監視、偵察の収集に使用されることが期待されています。 ただし、ドローンは、攻撃のロシア軍の標的を検出および識別するためにウクライナで使用されています。 フラックジャケットやフェイスマスクとは異なり、あらゆる種類のドローンは純粋に防御的な機器とは見なされません。

半世紀の間、日本は武器輸出に関する三原則が他国に武器を提供することを事実上阻止した。

しかし、2014年、安倍政権は、長年の政策を「防衛設備と技術の移転に関する3つの原則」に恣意的に置き換えた。

この変革により、3つの要件が満たされた場合、日本は武器を輸出することができました。 第一に、武器は紛争の締約国に輸出されてはなりません。 第二に、政府は武器の輸出が許可されている場合を制限し、個々の場合の厳格な事前検査を実施する必要があります。 政府はまた、意図しない使用または第三者国への譲渡に関して、受領者と事前に合意に達する義務があります。

ウクライナは戦争に巻き込まれていますが、「安全保障理事会が国際の平和と安全を維持または回復するための措置を講じる国」と定義する3つの原則の下では「紛争の締約国」とは見なされません。武力攻撃の。」

しかし、ウクライナは、3つの原則を実施するためのガイドラインに記載されているように、武器の輸出が許可される条件の対象にはなりません。 政府は急いでガイドラインを改訂し、ウクライナへの援助をリストに追加しました。 ドローンに関しては、政府は、市販されているため、制限の対象ではないと主張しています。

日本国民がこの種の装備のウクライナへの提供を支持したとしても、このアプローチがガイドラインの改訂を通じて日本の武器輸出を徐々に拡大するために使用されるかもしれないことを心配することは難しい。

朝鮮戦争当時の北朝鮮と湾岸戦争中のイラクだけが「紛争の締約国」の定義を満たしていた。 議会は、この定義が適切であるかどうかについて徹底的な議論を行う必要があります。

今週、与党自民党が岸田文雄首相に対して行った一連の安全保障政策提言は、防衛装備品の輸出に関連する3つの新しい原則の見直しと、自衛隊に敵の領土で標的を攻撃する能力を与えることを求めた。 。 。

党は、日本が「国際法に違反する侵略に対して脆弱な国に広範囲の防衛装備を移転する」ことを可能にするシステムを検討するよう政府に促した。 この提案は、日本が致命的な攻撃兵器も提供できるようにすることを目的としているようです。

国家の基本的な平和主義の原則に関係するような深刻な政策転換を受け入れることはできません。

この問題は、政策立案者が現在の国際情勢を注意深く見ながら、長期的かつ包括的な視点から冷静な議論を行うことを要求します。

-朝日新聞、4月30日

READ  サムスンのリークされたギャラクシーS22ウルトラは今のところギャラクシーノートの電話です