Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

脳卒中前の身体活動は、脳卒中後の身体活動および急性期の座りっぱなしの行動と関連している

脳卒中前の身体活動は、脳卒中後の身体活動および急性期の座りっぱなしの行動と関連している

私たちの研究では、三軸加速度計を使用して、急性脳卒中患者の総活動量 (MET)、座りがちな行動、軽度の PA、および MVPA を測定しました。 私たちの仮説と一致して、脳卒中前のPAのレベルが高いほど、脳卒中後のPAに費やされる時間が長くなり、座りがちな行動の時間が短くなることがわかりました。 身体機能、筋骨格状態、および高強度 PA の間の予想される関係は、BRS または SMI と METS または MVPA の間の有意な関連によって裏付けられました。 ただし、これらの関係は、媒介変数を調整すると重要性を失いました。

私たちの研究で最も注目すべき発見は、脳卒中前の活動と脳卒中後の活動の間に広範な関連性があることでした。 私たちの知る限り、この報告は、脳卒中前のPAが座りがちな行動と脳卒中後の急性期のPAに関連していることを実証した最初の報告書である。 脳卒中前の PA の低下は、長時間の座りっぱなしの行動や急性期の PA の低下のリスクを引き起こす可能性があり、以前の研究で示されているように、長期的な転帰に影響を与える可能性があります。15

私たちの調査結果では、急性脳卒中患者は時間の 90% 以上を座りっぱなしの行動に費やし、軽度の PA では約 8%、MVPA では約 1% を費やしていることがわかりました。 この結果は、脳卒中急性期の座りがちな行動とPAを報告した以前の研究と同等でした。7,16。 別の研究では、虚血性脳卒中を患う人の PA は、対照群としての一過性脳虚血発作を患う人の PA より 71% 低いことが示されました。17。 この以前の研究では17同じ入院状況にもかかわらず、一過性脳虚血発作に比べて脳卒中患者の PA が低い理由は明らかではありませんでした。 したがって、脳卒中患者の PA の特性を、使用時間帯や日内差などを含めて調査することが重要です。 さらに、座りっぱなしの行動は、発症後初期、週末、夜間に長くなることが判明しました。 これらの発見は、介護者やリハビリテーション資源の利用可能性などの環境要因とは別に、脳卒中患者の PA 低下に寄与している可能性があることを示唆しています。 したがって、これらの環境要因により座りっぱなしの行動が長時間続く個人を対象とした介入を検討する必要があります。

総活動量 (METs/日) と MVPA は罹患下肢の運動機能 (BRS) と関連していましたが、座りっぱなしの行動と軽度の PA は BRS と関連していませんでした。 これは、歩行後に高強度のPA運動を行うには高い身体運動能力が必要であるが、座りっぱなしの行動を減らすための必須条件ではないことを示唆しています。 セルフケア作業 (食事、着替え、移動、トイレ) などの軽い活動は、1.5 ~ 2.5 メッツの範囲内にあります。18。 したがって、たとえウォーキングや荷物の運搬などの高強度のPAを実行するのが難しい場合でも、これらのセルフケア活動に費やす頻度と時間を増やすことで、座りっぱなしの時間を減らすことができます。 運動すると疲労やうつ病が軽減されることが知られています19,20脳卒中前のPA習慣はうつ病を防ぐことができる21。 したがって、PA は身体機能と、モチベーション、疲労、うつ病などの心理状態の両方の影響を受けるようです。 したがって、脳卒中前のPA習慣によって引き起こされる安定した心理状態は、軽度のPAの増加を促進すると同時に、脳卒中前のPAを座りがちな行動に結びつける可能性がある。

11 日間の装着時間は 10.0±1.4 日、1440 分間の装着時間は 1269.5±148.9 分で、適切な加速度計コンプライアンスが得られました。 私たちの研究における着用期間と時間は、脳卒中急性期に関する以前の研究のものよりも長かった7、16、17。 活動は時間や日によって異なる可能性があるため、私たちの研究のこの強みにより、結果の妥当性が高まります。 ただし、この研究には限界があります。 体の動きを正確に反映するために、加速度センサーを腰または太ももに装着することをお勧めします。22。 この研究では、着用への順応性を確保し、皮膚の損傷を防ぐために、非実質下肢の足首に装着されました。 さらに、この研究ではPAを測定するための行動記録がなかったため、測定された活動強度を引き起こす動作の種類は不明でした。 したがって、関係する特定の動きに関する結果の妥当性を考慮する必要があり、これらの結果を以前の研究の結果と比較する場合には注意が重要です。 さらに、脳卒中発症直後に研究を理解し、同意した人のみを対象とした。 したがって、比較的良好な成績を収めた人々が脳卒中患者の総母集団に組み込まれるため、選択バイアスが存在すると考えられます。 ただし、IPAQ のリコールバイアスまたは過小評価の可能性を排除することはできません。 潜在的に交絡する変数を制御する脳卒中前後の PA の間に関連性があったものの、図 2 に示すように外れ値が結果に影響を与えた可能性があります。さらに、採用できる症例の数は少ないため、統計の解釈には注意が必要です。結果。 将来的には、重症例における PA の増加を目的とした介入の調査が重要になる可能性があります。 最後に、その他の要因11脳卒中後のPAに関連するうつ病、疲労、自己効力感、生活の質などは、この研究には含まれていませんでした。 さらに、脳卒中再発リスクの高い患者を含む不安定な病状を有する患者を除外したため、ほぼ全員が医師の指示に従って安静の制限を設けず、自由に離床することができた。 しかし、参加者はこれらの病状のためにPAを増加させることができなかったため、これらの要因がPAの減少に影響を与えた可能性があるにもかかわらず、再発の可能性と転倒のリスクは考慮していませんでした。

私たちの研究の結果、急性脳卒中患者は時間の 90% 以上を座りっぱなしの行動(エネルギー消費量 1.5 METs 以上)に費やし、PA に費やす時間は少ないことが明らかになりました。 さらに、脳卒中前の PA は、脳卒中後の活動 (MET、座りっぱなしの行動、軽度の PA、MVPA) と強く関連していました。 これは、脳卒中前の PA が低いと、脳卒中急性期に PA が低下するリスクがある可能性があることを意味します。

READ  ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の機器に不具合が発生 - しかし天文台は「健全」なまま