Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自動車メーカーが米国や中国に後れを取るなか、日本はスマートカーに注力している

自動車メーカーが米国や中国に後れを取るなか、日本はスマートカーに注力している

(6月21日):日本は自動車メーカーに対し、安全性や娯楽システムをクラウド技術で管理できるスマートカーの開発を促す取り組みを強化しているが、この分野では中国や米国のライバルに遅れをとっている。

政府は、2030年に日本企業がいわゆるソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)市場の30%を占めるという目標を設定しており、その際の世界販売台数は3,500万台から4,100万台に達すると推定されている。 同氏は、経済産業省が大学と提携し、再教育コースを立ち上げることによって、ITエンジニアなどの労働者に財政的支援を提供し、後援することを支援すると付け加えた。

日本車には運転支援技術や地図ナビゲーション機能が搭載されていますが、それ以上の高度な機能はまだありません。 政府は、自動車業界のビジネスモデルが進化するにつれて、企業がデータを交換し、アフターサービスの恩恵を受けることができるエコシステムを構築したいと考えています。

例えば、ロボタクシーサービスによる世界の収益は、2035年までに80兆円(5,030億米ドルまたは2兆3,700億リンギット)に増加すると予想されており、同省によると、その80%は自動車販売以外のサービスによるものとなる。

同社関係者の伊藤健氏は「これらの企業の利益の大部分は新車販売から得られるものではないと予想しているが、ビジネスモデルは変化し、利益の大部分は車の販売後に得られることになるだろう」と述べた。 同省デジタルモビリティ変革室長。

日本の自動車メーカーでは、日産自動車がタクシー運転手不足に対応するため、2027年に自動運転ライドシェアサービスを開始する予定だ。 ホンダは、2026年初めまでに東京都心部にロボタクシーを配備するという当初計画を撤回し、10年末までに自動運転タクシーサービスを開始することを目指している。

先月、日本は自動車産業の競争力強化を目的として、自動車およびバッテリーのサプライチェーンにおける企業間での安全・確実なデータ取引を確保するためのプラットフォームである自動車・バッテリー追跡センター協会を設立した。

READ  WRC 10公式ゲームレビュー(スイッチ)