Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自動車産業は日本の新たな投資先です

ダッカ商工会議所のリズワン・ラーマン会長は昨日、バングラデシュの自動車産業は日本のビジネスマンにとって新たな投資先になる可能性があると述べた。

これは、ドバイ商工会議所で開催されたバングラデシュ伊藤直樹駐日日本大使との二国間作業会議で行われました。

彼は、バングラデシュが東アジアの島嶼国から12億ドルの商品を輸出し、17億2000万ドルの製品を輸入したとき、2019-20会計年度にバングラデシュの日本との二国間貿易は29.2億ドルに達したと述べた。

しかし、バングラデシュの日本への輸出は、COVID-19のパンデミックにより、2020-21会計年度に11.8億ドルに減少したと彼は言い、今後数日でその量を増やすことを望んでいた。

彼は、321の日本企業が現在バングラデシュで活動しており、バングラデシュへの日本の外国直接投資は2021年3月に3億9,715万ドルに達したと述べた。

バングラデシュは主に衣料品を日本に輸出していることを説明し、他の有望な製品の日本への輸出を促進するよう大使に要請した。

バングラデシュとの日本の強力な二国間ビジネス関係に留意し、彼はバングラデシュの人々にCovid-19ワクチンを提供してくれた日本政府に感謝した。

直樹氏は、バングラデシュは世界に強力なメッセージを送り、パンデミックの間でもプラスのGDP成長を維持することができたと述べた。

彼はまた、アリハザールの日本の経済圏は来年までに操業できるようになり、バングラデシュへの日本の投資を加速すると述べた。

日本大使は、両国政府は自由貿易協定に署名できると述べた。

直樹氏はまた、バングラデシュの自動車産業は投資の良い目的地になる可能性があると述べた。

彼は、日本の三菱が実現可能性調査を完了し、来年はバングラデシュへの投資を決定すると付け加えた。

READ  米国の技術が進歩した後、アジアの株式は着実にオープン:市場はラップ