Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自動運転の日本の建設機械はGPSなしで独自の道を見つける

東京発-日本最大の土木グループの1つが、GPSや衛星測位データに依存しない建設車両用のナビゲーションシステムを開発しました。これにより、離れた場所に向きを変えることができます。

レーザーセンサーを使って車の周囲の3Dマップを作成する東京を拠点とする大成建設技術は、日本で最初に開発されたものと考えられています。 国内の同業他社は、自動運転技術に独自の進出を果たしましたが、彼らは自分の車を導くために空の手がかりに依存しています。

大成は現在、GPS信号へのアクセスが困難または不可能なトンネルなどの実際のプロジェクトにシステムを適応させ、より多くの機械を自動化することで建設作業員の不足を克服することを目指しています。

3Dマップは、車両の進路にある障害物を識別し、それらの周りに迂回路を描くことを可能にします。 最近、この技術は、トンネルを時速5kmで走行する追跡ダンプトラックでテストされました。 センサーを搭載した車両は、作業員を乗せてこのような単純な環境を通過すると、その後の移動で自分自身を運転するのに十分な量を集めることができます。

GPSは全世界をカバーしていますが、その信号は山や高層ビルによって簡単にブロックされる可能性があります。

追跡された車は、大成建設が開発したナビゲーションシステムを使用してトンネルを通り抜けます。 (TSの写真提供)

米国はこの技術の最前線にあり、1978年に現在のGPSの最初の衛星プロトタイプを打ち上げました。しかし、中国は衛星測位システムである北斗に遅れをとっていました。 2020年に米国のTrimble社の衛星受信機に関するデータを日経が分析したところ、北斗は165か国を観測した回数で全地球測位システム(GPS)を上回っていたことがわかりました。

需要の高まりと労働力の高齢化の中で、日本の建設業界は生産性の向上を迫られています。

もう1つの主要なエンジニアリンググループである大林組は、日本の南東部、三重県のダムプロジェクトのあらゆる段階でロボットを稼働させています。 同社は、2030年までに、メーカーを問わず、すべての建設機械で自動運転を利用できるようにすることを目指しています。

競合他社の鹿島と竹中は、超高層ビルの建設に使用されるタワークレーン用のリモートオペレーティングシステムを開発しました。

日本国外では、BHPグループの自動運転車はオーストラリアの採炭場でも稼働しています。

READ  アーノルドシュワルツェネッガーと息子のジョセフバエナがベニスビーチのゴールドジムに自転車で行きます