Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自民党と野党が日本の選挙運動で経済とCOVIDをめぐって衝突

岸田文雄首相が政府の所得格差への対応の失敗に対する批判を回避したことで、10月31日に予定されている総選挙のキャンペーンが熱くなったため、日本の与野党は水曜日に経済の取り扱いとコロナウイルスへの対応をめぐって衝突した。

岸田文雄は、キャンペーン開​​始の翌日、西日本の神戸で、「できるだけ多くの人の収入と給料を増やす経済政策」を実施することを約束した。

与党自民党党首の岸田文雄首相が、10月31日の総選挙(京堂)に先立ち、2021年10月20日に神戸で演説を行う。

彼は、富の成長と再分配に焦点を当てた「新しい資本主義」の彼のビジョンに言及して言った。

しかし、福島県ディットでの演説で、日本の主要野党立憲民主党の党首である枝野幸男氏は、自民党政府が過去9年間、介護福祉士や保育士などの不可欠な労働者の収入を上げなかったと非難した。 と看護師。

岸田文雄氏は、「政府が決めれば昇給できる」と述べ、政治が介護福祉士の給与を下げる理由であるのに、なぜ岸田文雄氏が民間企業に昇給を呼びかけているのかと問いかけた。

枝野首相はまた、キャピタルゲイン税を引き上げるという彼の約束を改めて批判した。

「この豊かな日本の国に住む多くの人はそれを感じることができません。この富を分かち合いましょう。株でお金を稼ぐ人にもっと税金を払わせましょう」と井田野氏は付け加えた。稼いだのは間違っている。」。株式を通じて稼いだお金は、ビジネスから稼いだお金よりも少ない。」

CDPJは、経済成長を後押しするために最初に富を再分配することを提唱しました。

岸田はコロナウイルスのパンデミックとの闘いにおいて「最悪のシナリオを検討する」という誓約を繰り返したが、井田野は代わりに彼に責任を負わせるよう国民に促した。

CDPJのチーフは、岸田文雄がパンデミックに対処するためのコマンドセンターを設立することを望んでいたと述べたが、このトピックに関する議論がまだ始まっていないため、そのようなセンターはまだ遠いことを知った。

「コロナウイルスの症例がリバウンドしないようにすることが重要です」とIdanoは言い、指揮所の緊急性を強調しました。

他の党首も全国で演説を行った。

「コロナウイルスの流行の影響を受けた日本経済を復活させることができるのは、自民党と公明党の同盟だけだ」と自民党のジュニアパートナーである石井圭一書記長は東京で語った。

札幌では、野党の志位和夫氏が「新しいコロナウイルスから命を守るためには、政権交代が必要だ」と述べた。


関連する報道:

選挙運動が始まると、日本の有権者は変化への希望を表明する

日本の有名人は若者に総選挙で投票するように促します

来たる日本の衆議院選挙へのガイド


READ  菅と備伝の首脳会談の前に、日本はテンセントと楽天の関係について米国に通知します