Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自由党の高市は日本の「国防軍」を求めている

自民党の著名な立法者である高市佐奈氏は、日本が「国防軍」を持つことができるように憲法を改正するよう求めた。

武一氏は花田誌10月号の記事で、9月29日に予定されている自民党総裁選挙に出馬し、初の女性首相になる意向を表明した。

2021年8月26日、東京の自民党本部で記者団に語る武一佐奈(京堂)

安倍晋三前首相との緊密な関係で知られる60歳の保守党議員である武一氏は、憲法の中で自衛隊ではなく国防軍に明示的に言及することを提案した。

元内務大臣は、「国防軍」の所持を要求する自由党が提出した2012年の憲法改正法案に言及していた。

憲法第9条は、日本の戦争を行う権利を放棄し、陸軍、海軍、空軍、またはその他の軍事力を維持しないと述べています。

自衛隊の合憲性は、政治、司法、学界で長い間議論されてきました。

武地氏は、日本が高度な防衛装備を購入し、研究開発を強化し、防衛費を増やして、中国の軍事力増強と断定的な領土主張、北朝鮮の核とミサイルプログラムにうまく対処することを提案した。

ミサイル防衛については、日本が敵基地を攻撃して一時的にその機能を廃止することを可能にする新しい法律を要求した。

経済政策については、危機管理と成長投資を優先し、大胆な財政刺激策を継続することを約束した。 そのために、2025年度までに基本収支を黒字に戻すという政府の目標を一時停止することを提案している。

武地氏はまた、主要技術が中国など他国に流出するのを防ぐための新しい法律を制定するなどの措置を求め、これらの技術の誤用に関連する安全上のリスクを挙げた。

「私たちは経済安全保障を強化するために真剣かつ迅速に取り組む必要があります」と彼女は言いました。

READ  CrysisRemasteredがXboxSeries X / SおよびPlayStation5用にアップグレードされました•Eurogamer.net