Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

自転車の上昇知事:価格の上昇は、感染性の習慣として日本を揺るがしました

東京/大阪-ブリヂストン自転車が先月、3年ぶりに値上げを発表したとき-従来型モデルで最大11%、電気モデルで最大5%-日本の実業家は驚いた。 。

「このニュースは業界に大きな波をもたらしました」と独立中隊TokyoBikeのエグゼクティブである小西遥は言いました。

多くの日本の企業は、何十年にもわたるデフレの中で顧客を脅迫することを心配して、長い間インフレに反対してきました。 しかし、コロナウイルスによって引き起こされるライフスタイルの変化が自転車の需要を増加させるにつれて、ますます多くの実業家が流入しています。

ブリヂストンは日本の名前の一つかもしれませんが、それはオリジナルではありません。 小売業者の朝日は、2月末に70%の製品の価格を5%から7%引き上げました。 TokyoBikeは8月に値上げを行い、主要コンポーネントであるサプライヤーのShimanoは、7月から一部の輸出に高い料金を課し始めました。

一見すると、これらの動きは主に供給サイドの問題から生じたように見えます。 ステンレス鋼やアルミニウム、フレーム、ペダル、その他の自転車部品に広く使用されており、歴史の頂点にあります。 ステンレス鋼の成分である鉄鉱石の価格は、今年の4月に10年ぶりに過去最高を記録しました。

社会的ギャップ対策、コロナウイルスの封鎖、エネルギー不足により、アジアでの自転車とその部品の生産に圧力がかかっています。 日本の調査会社帝国データバンクによると、自転車の価格は2015年から2020年の間に輸出中に39%上昇しました。

混雑した電車での危険な旅を避けるために、乗客は自転車に目を向けています。 ©ロイター

しかし、流行が日本の消費者の旅行や食事の数を変えるにつれて、需要は増加しています。

ますます多くの人々が、ウイルスが簡単に広がる可能性のあるラッシュアワーの電車のような閉鎖された混雑した場所を避け、代わりに自転車で旅行することを選択しています。 短いレストラン時間やその他のGovt-19の制限も、日本、特に大都市でのフードデリバリーサービスの台頭を引き起こしました。 多くの配達スタッフは、自転車を優先車両として使用しています。

ジャパンサイクルプロモーションインスティテュートによると、昨年の店舗販売台数は平均231.5台で、2019年から5.8%増加しました。 2020年6月の月間売上高は43.3%で、前年比で最大の増加を記録しました。

電動自転車メーカーのBESVジャパンの澤間敏明社長は、昨年春の10万円のインセンティブ支払いは「自転車の購入を考えている多くの人々にさらなる刺激を与えた」と語った。 支払いのトリガーと消費者の習慣の変化は、自転車の販売に正のフィードバックを生み出します。

日本の消費者購買力は停滞しており、長年のデフレからはまだ完全には回復しておらず、自転車などの完成品メーカーは依然として値上げに消極的です。 この文脈での自転車の価格の上昇は、企業が実際の需要を持つ顧客に高いコストを転嫁できる理由を説明しています。

TokyoBikeの小西氏は、「値上げが買いを妨げたとは誰も言っていない。

READ  最新のコロナウイルス:日本は5000万回の3回目のブースターショットの取引に署名すると報告書は述べています