Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

航空宇宙庁が次世代ロケット「H3」の打ち上げに成功

航空宇宙庁が次世代ロケット「H3」の打ち上げに成功

© EFE 2024。EFE サービスのコンテンツの全部または一部を再発行または再配布することは、明示的に禁止されています。

東京、2月17日(EFE)-宇宙航空研究開発機構(JAXA)は土曜日、新しい主力宇宙ロケットH3の打ち上げに成功したと発表し、2023年初頭の初飛行失敗に続いて大きな成果となった。

三菱重工業と共同開発したH3ロケットは、鹿児島県の種子島宇宙センターからの2回目の打ち上げ試験で安定した飛行を実証した。 YouTubeでのライブ配信は約20万人の視聴者を集めた。

この試験打ち上げの主な目的は、計画どおり第 2 段エンジンに点火し、ロケットを地球軌道に推進することでした。 18分後、作戦の成功が確認されたとき、制御室は歓喜に沸いた。

このミッションには、VEP-4と呼ばれる2.6トンのダミー衛星が搭載され、地球観測衛星だいち3号の重量をシミュレートしました。地球観測衛星だいち3号は、2023年のH3打ち上げ失敗時に第2段エンジンの点火に失敗し、衛星の自己破壊につながりました。 -点火中。 飛行中の破壊。

H3 は、ここ 30 年近くで日本最大のロケットであり、地球観測衛星が重要な役割を果たしており、災害管理にとって極めて重要です。 打ち上げは2021年3月の予定だったが、新開発のLE-9エンジンや予備部品の問題により遅れが生じた。

ミサイルの後継機であるH2Aは、飛行システムの不具合と悪天候により、昨年2月12日に予定されていた発射が挫折した。 注目に値するのは、燃料効率を高めるために設計されたLE-9エンジンを第1段に使用した最初の宇宙ロケットであるということです。

この打ち上げの成功は日本の航空宇宙産業にとって大きな回復を意味し、日本の宇宙能力開発におけるH3の重要性を浮き彫りにしている。 イヴィー

ミスタースク

READ  Android 14 QPR2はPixelの「バッテリー情報」を意図的に削除します