Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

若い日本の議員は、広く開かれたPMレースの力として浮上しています

与党自民党(自民党)の大統領候補である河野太郎内閣大臣は、2021年9月21日に東京で開かれた自民党議員の福田達夫氏と会談した。 京都で。 2021年9月21日に撮影された写真。 京都/ロイター経由の強制融資

東京、9月27日(ロイター)-日本の与党指導部は、水曜日の幅広い投票競争で下級議員が党の数字に直面していることから、注目すべき勢力として浮上している。

安倍晋三前首相のコードテールで権力を振るった90人のメンバーの多くは、依然として古い警備派閥の支配下にあり、リーダーシップレースの数ヶ月以内に総選挙を失うことへの恐れを含む党の慣行を混乱させ、弱体化している。

議員の大野ギダロ氏(53)は、確立された派閥に言及し、リニューアル党精神グループの創設者の一人であるロイターに、「彼らがどのように機能するかについての透明性や説明はない」と語った。

「私たちは非常に自由に行動することができますが、リーダーシップレースや大規模なパーティーイベントの時期になると、「ねえ、人々、正しく見える」と言われます。なぜ正しいのですか?」 あなたが尋ねると、彼らは「私が言うことを聞いてください。私が言うことが真実なら、それは真実です」と言うでしょう。 これは良くない。 “

与党自民党(LDP)の歴史を通じて同様のグループが出現したが、それは影響を及ぼしているように思われる。

その圧力のために、党のオブザーバーは、正式な派閥のメンバーが水曜日に好きなように投票できると決定しました。

議会最大の党首として首相になること間違いなしの党首候補4人全員が、公然と支持を求めた委員会のトップメンバーとの討論に加わった。

アナリスト委員会の多くのメンバーは、ワクチン大臣の河野太郎が選ばれると信じていますが、候補者を支持していません。

大野首相は岸田文雄前外相を支持し、期限を含めた党改革について語った。

旧党派閥は、1990年代の改革後、候補者への資金提供を禁じられ、党本部にのみ影響力を失った。 現在、彼らはしばしば内閣や政党の地位を求めてさまよっています。

‘エネルギー’

小野氏は、党の先輩は有益な経験を持っている可能性があり、派閥は役立つだろうと述べたが、有権者は、菅義偉首相が昨年選出された方法などの反発協定を特徴とする昔ながらの政治にもっと不信感を抱いていると述べた。

委員会のメンバーは、有権者に勝つために率先して取り組むべきだと言っています。

51歳の北海道議会議員アラタ・ダクベ氏は、ウェブサイトの動画で次のように述べています。

「後輩が活動していないと自民党は上訴しない。だからこそこの委員会がある」と語った。

反逆者は彼らではありません。 大野やタケビーを含む多くは、第二世代または第三世代の政治家です。 委員長は、首相の息子で孫の福田達夫さん(54)。

アメリカの大学のエレクトロニクス企業である富士通の元研究者である大野のように、多くの人が企業経験を持っています。 彼らは日本のバブル崩壊後も成熟しました。つまり、大野は物事を当然のこととは思っていませんでした。

「国会のメンバーは自分たちとは何の関係もありません、彼らはそれを切りました、彼らは彼らのサービス時間を稼いでいません、それで彼らは静かでなければなりません、彼らが言うことをしなければなりません、誰がそれを望んでいますか?」 アメリカ進歩センターの上級同志であるトバイアス・ハリスは言った。

ハリス氏によると、来たる総選挙(11月28日までに行われる予定)の圧力により、若い政治家に変化の機会が与えられたという。

「この選挙の状況は彼らに開放を与え、それは彼らが決定に対する宗派間の支配を弱めるために使用した。」

党の古い派閥のいずれとも自分自身を同一視しない小野は、彼の委員会が現代の政治システムに対するより広い有権者の希望であると彼が主張することを実現できることを望んでいる。

「つまり、昭和天皇の治世に関連した1926年から1989年の期間に言及して、昭和天皇の政権からの脱却」と彼は言った。 「そして、近代化。」

RobertBirsallのElaineLies編集によるレポート

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  韓国の専門家は、汚染された福島の水に対する懸念を退けます