Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国、ドイツ、日本の経済成長の停滞が世界経済の見通しを暗くしている

英国、ドイツ、日本の経済成長の停滞が世界経済の見通しを暗くしている

エコロジー

2024 年 3 月 12 日 • 東部時間午前 9 時 12 分

英国、ドイツ、日本の経済成長の停滞が世界経済の見通しを暗くしている

による
ジョシュ・リプスキーとアリーシャ・チャンガニ

1960年、ハロルド・マクミランは英国首相、コンラート・アデナウアーは西ドイツ首相、岸信介(安倍晋三の祖父)は日本の首相だった。 3人の首脳はその春、ちょうど米国の景気後退が始まっていた時期にワシントンを訪問した。

それ以来 64 年間、これら 3 つの主要経済国が同時に景気後退に直面したことはありません (世界金融危機を除く)。 しかし、先週の時点で、月曜日に更新されたGDP統計で日本が僅差で景気後退を回避したことが示されるまで、この3カ国は厳密に言えば景気後退に陥っていた。

特に懸念されるのは、G7 のほぼ半数で 2023 年末に成長が失速しており、その減速はどれも同じではなかったということです。 ドイツでは、需要の低迷、電気自動車の競争、プーチン大統領の侵攻の余震により成長が鈍化し、停止に陥っているため、製造業は痛みを伴う移行期を迎​​えている。

英国では、EU離脱後の労働力不足と生産性の伸びの鈍化により、物価上昇をまだ抑制できない経済循環が生じている。 実際、政府はこの不況がインフレを打開する唯一の方法かもしれないと示唆しています。

次に、より興味深いケースとして、高齢化により消費がますます減少している日本があります。 実際、日本は現在から 2050 年までに人口が 15% 減少するペースで進んでいます。年齢の中央値が 49 歳である日本は、世界で最も高齢者の割合が高い国の一つです。 先月期待外れのGDP統計が発表されたとき、日本は世界第3位の経済大国の地位を失った。

良いニュースは、これらの景気後退はいずれも短命に終わると予想されることです。 月曜日に日本から発表された最新データによると、第4四半期のGDP成長率は0.4%となった(2四半期連続のマイナス成長を回避することを意味する)。 新しい指標が発表される前から、日本銀行がついにマイナス金利時代を終わらせるのではないかという期待から日経平均は上昇していた。 英国ではイングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁がついに今夏利下げを開始できるかもしれない。 ドイツでは年末に新規製造業受注が予想外に10%増加し、春が本格的な景気回復期になるとの期待が高まった。

しかし、ここが今と昔の大きな違いです。 1961 年に米国が角を曲がったとき、急成長する中産階級による輸入需要が世界中の国々を押し上げるのに役立ちました。 しかし、2023 年には、米国はすでに G7 諸国の中で最も急速に成長している国になっていました。 2024 年の米国の GDP 成長率は上昇するのではなく、減速する可能性があります。

Stanley Wu が作成したデータ視覚化

米国の状況と中国の悪化する経済問題を組み合わせてみると、全体像が明らかになる。 世界の二大経済大国である英国、ドイツ、日本は十分な成長を生み出すことができず、それは内部から起こさなければならないだろう。

これは、2008 年とも、1960 年代とも異なるシナリオであり、ある意味、第二次世界大戦以降のほぼどの時代とも異なるシナリオです。


ジョシュ・リプスキーは、大西洋評議会地経学センターの上級ディレクターであり、国際通貨基金の元顧問です。

アリーシャ・チャンガニは、アトランティック・カウンシルの地経学センターのプログラム・アシスタントであり、同センターの財務業務の将来をサポートしています。

この投稿は、GeoEconomics の世界経済ニュースレターの Weekly Guide から編集されたものです。 ニュースレターの受信に興味がある場合は、[email protected] まで電子メールを送信してください。

経済、金融、外交政策の交差点 経済地理学センター これは、より良い世界経済の未来の形成を支援することを目的とした翻訳センターです。

深読み

写真: ルッカ、イタリア – 2017 年 4 月 9 日: 2017 年の G7 外相会議に参加する国の旗が掲げられたルッカのドゥカーレ宮殿のファサード

READ  日本は、値上げと戦うために米国主導の世界的イニシアチブに参加します