Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国、日立とタレス間の鉄道信号を統合することに合意

英国、日立とタレス間の鉄道信号を統合することに合意

2020年9月10日、スイスのチューリッヒにあるオフィスビルに表示される日立のロゴ。写真: Arend Wegman/Reuters。 ライセンス権の取得

[ロンドン 10月4日 ロイター] – 英国の独占禁止法監視機関は、日立製作所(6501.T)によるタレス(TCFP.PA)信号機事業の買収について、日本企業が主要な信号事業の一部売却を申し出て懸念に対処したことを受けて承認すると発表した。彼女自身のもの。

競争・市場庁(CMA)は、両社はシーメンスやアルストムと並んで主要鉄道や都市鉄道への信号の主要供給者であるため、17億ユーロ(18億ドル)の提携は競争を損なう可能性があると述べた。

日立はこれに対し、英国、フランス、ドイツでの既存の幹線信号事業を売却することを申し出たが、CMAはこれによりNetwork Railなどの顧客が合併によって悪影響を受けないようにするだろうと述べた。

CMAはまた水曜日、新たな証拠を検討した結果、ロンドン地下鉄などの都市鉄道網における競争についてはもはや懸念していないと述べた。

日立はEUの独占禁止法上の懸念に対処するため、フランスとドイツの資産を売却するという同様の提案を行っている。

欧州連合の独占禁止機関は決定期限を11月6日に設定した。

(1 ドル = 0.9563 ユーロ)

ポール・サンデル氏が報じた。 ウィリアム・ジェームス編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  PEZAがPHLに対する日本企業の信頼を高める