Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国がインド太平洋貿易圏に参加することに合意 – POLITICO

英国がインド太平洋貿易圏に参加することに合意 – POLITICO

この記事を聞くには再生をクリックしてください

人工知能が表現。

ロンドン – 英国のインド太平洋貿易圏への参入は、木曜日遅くに歓迎され、間もなく 12 カ国からなる貿易協定の閣僚が複数のタイム ゾーンにまたがる仮想式典に集まります。

交渉に詳しい4人の関係者がPOLITICOに語ったところによると、英国は包括的かつ先進的な環太平洋パートナーシップ(CPTPP)に参加するための高い基準を満たしていることで、加盟国の首席交渉官と高官が水曜日に合意した。

交渉は「完了」し、英国の加盟は「承認」されました。 [and] 加盟国の外交官は、審議について議論する権限がなかったため、匿名が認められたと述べた。

英国は、2018 年の発足以来初めてこの協定に参加する国となります。現在の加盟国は、オーストラリア、ブルネイ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム、カナダです。

英国の加盟は、取引における市場アクセス要件の高い基準を満たしたことを意味し、ブロックの衛生および植物検疫基準、ならびに投資家と国家の紛争解決などの規定に沿ったものとなります。 今月初めに農産物市場へのアクセスをめぐる英国とカナダの間の紛争の解決により、加盟への道が開かれました。

加盟国の政府当局者は、加盟国は英国の加盟が「前例を作る性質」を持っていることを「警戒」しており、中国の加盟申請が次に続くと述べた。 彼らは、加盟当事者が野心的な市場アクセスの申し出を提出することを確実にすることが英国の利益になると付け加えた。

ブロックの通商相は、英国では木曜日遅く、アジアの一部の加盟国では金曜日早朝に会合する、と同紙は外交官が「すべてに印を付ける」と述べたと伝えた。 テキストは法的に検証され、カナダのフランス語を含むさまざまな言語に翻訳される必要があるため、契約は後日署名されます。 彼らは「これには時間がかかる」と言った。

READ  胡錦濤元中国国家主席が突然党大会を去った | 世界のニュース