Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国の「琥珀」旅行リストにある2か国を除くすべての国では、現時点でCovidの症例数は英国よりも少なくなっています。

MailOnlineは、英国でのCovid症例数の急増は、毎日の感染に関して、AmberCovid旅行リストのすべての国を追い抜いていることを意味していることを明らかにすることができます。

監視データは、キプロスとフィジーだけが現在より大きな発生を経験していることを示しています。

琥珀色の第10号のリストにある他の145か国はすべて、インドの三角州からの深刻な打撃に見舞われた英国よりも感染率が低くなっています。

オックスフォードの支援を受けた研究者が収集したデータによると、レッドリストに載っている4か国(モンゴル、セイシェル、チュニジア、ナミビア)だけが英国よりも被害を受けています。

MPはMailOnlineに、結果は「非常に心配」であると語った。

パンデミックが続く今年の夏に再び休暇を開始することを目的として、閣僚は、世界で最もワクチン接種された国の1つであることを利用する時が来たと言って信号機政策を採用しました。

レッドリストに載っている国々は、コロナウイルスに関して最も危険であると考えられており、英国人は彼らへの旅行を警告しています。

英国は、琥珀色の旅行リストに載っている2か国を除くすべての国よりもCovid感染率が高くなっています。 グラフは次のことを示しています。リストにある人気のある観光地と比較した英国のステータスの割合

監視データは、アンバー10リストのキプロスとフィジーだけが現在より大きな発生を経験していることを示しています

監視データは、アンバー10リストのキプロスとフィジーだけが現在より大きな発生を経験していることを示しています

Our World in Dataの数値によると、モンゴル、セイシェル、チュニジア、ナミビアだけが、現在英国よりも多くの発生を経験している英国の旅行レッドリストに載っている国です。

訪問する人は誰でも、政府が承認したホテルで10日間隔離し、PCRテストに数百ポンドを支払う必要があります。

スペイン、イタリア、ギリシャ、ポルトガル、フランスなどの休暇の目的地を含むアンバーのリストでは、国の規則はそれほど厳しくありません。

行楽客は自宅で10日間自己隔離する必要があり、Covidテストの費用も支払う必要があります。

ただし、完全に予防接種を受けた英国人については、7月19日に琥珀色の検疫規則が廃止されます。ただし、Covidについては、英国に向けて出発する前と到着後すぐに2回の検査を受ける必要があります。

現在グリーンリストに載っているのは27か国のみで、旅行者はCovidテストが陽性の場合に帰国時に検疫するだけで済みます。

ただし、それらの多くはフォークランド諸島などの遠く離れた目的地であるか、オーストラリアやニュージーランドなどの入国が厳しく制限されています。

英国の日光浴をする人のための休日のオプションは、政府の検疫なしの「グリーンリスト」にさらに多くの国が追加されるという憶測の中で、今週拡大する予定です。

英国の1日の症例数は、6月末以降、急激に増加しており、1日あたり100万人あたり200件を超える新規症例から倍増しています。

パンデミックの状態を追跡するOurWorld in Dataの統計によると、英国は7月11日までの1週間に100万人あたり平均460件の新規症例を記録しました。

有病率の高い4つのレッドリストに掲載された国に加えて、琥珀色のリストにある2つの目的地は、現在、英国よりもスコアが低くなっています。 先週、キプロスでは100万人あたり1,000人以上の新規症例が検出されましたが、フィジーでは693人でした。

シャップス氏の発表は、完全にワクチン接種された英国人の場合、規則は緑と琥珀のリストを持つ国で同じになることを意味します。

シャップス氏の発表は、完全にワクチン接種された英国人の場合、規則は緑と琥珀色のリストを持つ国の場合と同じになることを意味します。

現在の信号システムには、認識されている休暇の目的地がほとんどありません。

現在の信号システムには、英国人が訪問するための「グリーンリスト」に認識されている休暇の目的地がほとんどありません。

ナミビアは、レッドリストの4か国の中で100万人あたりの死亡率が最も高く、英国よりも毎日の感染率が高くなっています。

ナミビアは、レッドリストの4か国の中で100万人あたりの死亡率が最も高く、英国よりも毎日の感染率が高くなっています。

シャップス氏は、庶民院での移転を発表し、いわゆる「自由の日」を通じて、二重逮捕された人々が帰国時に検疫することなく、琥珀にリストされた目的地を訪れることができることを確認しました。

シャップス氏は、庶民院での移転を発表し、いわゆる「自由の日」を通じて、二重逮捕された人々が帰国時に検疫することなく、琥珀にリストされた目的地を訪れることができることを確認しました。

大臣はどの国がグリーンリストに載っているかをどのように決定しますか?

旅行リストに表示される国についての決定は、英国の健康安全保障局の一部である合同バイオセキュリティセンターによるリスク評価の後に行われます。

予防的アプローチとして、国は、次のことを示唆する具体的な証拠がない限り、琥珀色であると推定されます。

  • 緑-Covidのすべての株から英国に低い公衆衛生リスクを(自信を持って)提示する
  • 赤-既知の懸念のある変異株、調査中の既知の高リスクの変異株、またはCovidの国または地域での非常に高い有病率の結果として、英国で重大な公衆衛生上のリスクを示しています

懸念される変異株は、それらがどれほど伝染性であるか、そしてそれらがより深刻な病気を引き起こすかどうかに基づいて、英国公衆衛生サービスによって特定されます。

次に、Joint Biosecurity Centerは、調査する国のリストを選択します。

これは、感染率、検査陽性、懸念される変異株の証拠、および遺伝子配列決定を通じて変異体を検出する国の能力を考慮に入れています。

次に、各国は、世界保健機関やGISAIDなどの他の組織からのデータを使用して、第2のリスク評価フェーズを経てから、大臣がどのリストに掲載するかを決定します。

現在の感染傾向が続く場合、英国は今後数日でモンゴルとナミビアを追い抜く可能性があります。

Our World in Dataによると、両国の症例はすでに減少し始めています。 一方、英国での発生は拡大を続けています。

英国は一部の国よりも多くの検査を行っているため、より多くの症例を登録する可能性が非常に高いです。

自民党議員でコロナウイルスに関する党議会グループの議長を務めるレイラ・モラン氏は、MailOnlineの調査結果は気になると述べた。

彼女は次のように述べています。「英国でのCovid-19症例の発生率が、政府のレッドリストに載っている国の発生率を上回っていることは非常に心配です。」

ここ数週間で見られたケースの急増は避けられませんでした。 これは、政府がデルタバリアントを除外できなかったことと、テスト追跡および分離システムの欠陥の直接的な結果でした。

モラン氏は、この数字は、事件の数を減らし、コビッドの新しい亜種に対して英国の国境を守るために緊急の行動をとらなければならない大臣のための「目覚めの呼びかけ」として役立つべきだと述べた。

これは、英国政府がNHSによって完全にワクチン接種された人々のために旅行リストの琥珀色の部分を廃棄する準備をしているときに起こります。

自由の日に行われる変更は、完全に予防接種を受けた英国市民と居住者が、琥珀色のリストのどこかを訪れた後、英国に戻ったときに自己検疫する必要がないことを意味します。

完全にワクチン接種された観光客は、英国に到着する前と到着の2日後にCovidテストを完了する必要があります。

ワクチン未接種または部分ワクチン接種を受けた人は、英国に入国してから最大10日間隔離する必要があります。また、完全ワクチン接種を受けた人は旅行を完了する必要があるテストに加えて、帰国後8日目にCovidテストを受ける必要があります。

この変更は、ワクチン接種を受けた英国人が船上で休暇を計画していることを歓迎するものであり、リストの黄色い部分には英国のお気に入りの休暇先が含まれています。

しかし、2回捕まった観光客は、逃げる予定の国の資格基準を満たしていることを確認する必要があります。

赤、琥珀色、緑の電球の国のリストを作成することは、リストはほぼ同じですが、各英国政府の義務です。

ウェールズ、スコットランド、北アイルランドがウェストミンスターの足跡をたどって、2度の打撃を受けたブリトン人に対する制限を緩和するかどうかはまだ定かではありません。

英国の多くの人が休暇を楽しみにしているかもしれませんが、需要のために空港での潜在的な遅延の警告がありました。

ヒースロー空港では、出入国管理の列が4時間を超えた場合に、滑走路の飛行機で乗客を待たせるための緊急時対応計画が実施されていると考えられています。

イタリア、オーストリア、ドイツは、木曜日のレビューで低くなるのに十分低いリスクをもたらすと思われる潜在的な目的地の1つです。

この動きは、逃げたいがまだ両方の服用を受けていない英国人の生活を楽にする可能性があります。

他の国は英国人の訪問にどのような制限を課していますか?

フランス

完全に予防接種を受けていることを証明できる旅行者は、フランスに旅行する本質的な理由を必要とせず、到着時に自己隔離する必要もありません。

11歳以上の人は、出発から72時間以内にPCR検査が陰性であるか、出発から48時間以内に抗原検査の結果が陰性であるという証拠と、Covidの症状がないという「宣誓供述書」を提出する必要があります。過去2週間に確認された症例と接触していません。

スペイン

12歳以上の英国人は、到着の48時間前に陰性の検査の証拠、または少なくとも14日前に完全な予防接種の証拠を持っている必要があります。

イタリア

過去14日間に英国に滞在した6歳以上の人は、過去48時間の検査結果が陰性である必要があります。

また、5日間自己隔離し、期間の終わりに別のテストを行う必要があります。

陰性の検査なしで到着した人は、10日間自己隔離してから検査を受ける必要があります。

ギリシャ

英国からの旅行者は、到着の72時間前までにPCR検査が陰性、48時間以内に迅速抗原検査が行われる証拠がある場合、または少なくとも14日前に2つのワクチンを接種した場合、検疫要件を回避できます。

数ヶ月前に行われた陽性検査など、コロナウイルスからの回復の証拠を示すことも許容されます。

ポルトガル

12歳未満の子供を除くすべての旅行者は、ポルトガル本土への旅行またはポルトガル本土を通過する旅行について、COVID-19検査が陰性であるという証拠を持っている必要があります。

英国からポルトガル本土に旅行した場合は、滞在している場所で14日間隔離する必要があります。

しかし、人々が完全に予防接種を受けたことを証明できれば、この要件は免除され、予防接種を受けた大人と一緒に旅行する子供は検疫が免除されます。

マデイラとポルトサントでの検査は、完全にワクチン接種された人には必要ありません。

ドイツ

完全に予防接種を受けた英国人は検疫が免除されますが、出発する前にデジタル登録する必要があります。

12歳未満のワクチン未接種の子供は、検査結果が陰性である証拠を提供し、完全にワクチン接種された少なくとも1人の親と一緒に旅行する場合、ドイツへの入国が許可されます。

アメリカ合衆国

2020年3月16日以降、過去14日間に英国、アイルランド、シェンゲン圏、イラン、ブラジル、または中国に滞在した場合、ほとんどの英国人は米国に入国できません。

READ  逃げるチーターに言わなかったことを「心から申し訳ありません」中国のサファリパーク| 世界のニュース