Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国の大学に在籍する EU の学生の数は、Brexit 後に半減します。 大学

英国の大学に在籍する EU の学生の数は、Brexit 後に半減します。 大学

それ以来、英国の大学に入学する EU の学生の数は半分以上になりました。 イギリスのEU離脱 — イタリア、ドイツ、フランスからの研究者数が急激に減少していることが、数字から明らかです。

英国の欧州連合からの離脱は、次のように見られています。 一次抑止力、住宅費と学生ローンは、定住または事前定住のステータスでまだ英国に住んでいないEUの学生には利用できなくなりました.

発行した高等教育統計局は、次のように述べています。 Brexit後の最初の通年のデータ.

Brexit の前に、学生は 9,000 ポンド強の住宅費を支払い、学生ローンを利用することができました。 ブレグジット後、料金は 38,000 ポンドに上昇しました。

学部または大学院のコースの初年度に入学する EU からの学生の数は、Brexit が発効する前の 2020 年の 66,680 人から 2021 年の 31,000 人に減少しました。これは、学生が扱われた最初の年でした。中国やインドから来た人。

しかし、ブレグジットの影響は大学レベルでより深刻であり、公式データによると、2021 年に初等学位の初年度に EU から入学した学生は、前年の 37,530 人に対してわずか 13,155 人でした。

大学側は、学部生を失うことでクラスの多様性が失われ、3 年または 4 年のコースで EU の学生を大学に通わせることができる大学の財政が侵食されると述べています。 .

高等教育統計局 (HESA) の統計によると、2020 年から 2021 年の 152,000 人から、システム全体でまだ 120,000 人の EU の学生がいることが示されています。 これには、Brexit の前に入学し、コースを修了している学生が含まれます。

大学院レベルでの学生の喪失は、学生が重要な部分である科学分野のパイプラインであったため、大きな打撃です。 地平線 医学研究や天文学などの分野におけるその他の最先端の開発。

HESA のデータによると、欧州連合からの大学院生の数は 2017 ~ 18 年の 24,000 人から 14,000 人に減少し、同じ期間に研究生の数は 4,650 人から 2,260 人に半減しました。

HESA のデータは、Brexit 後の最大の学生の移動がイタリア、ドイツ、フランスからのものであることも示しています。

HESA によると、2021 年から 2022 年にかけて英国に入学した学生は 2017 年から 18 年の数字と同様に、アイルランドがフランスに取って代わり、EU の学生の最大の供給源となった。 そのうち 2,000 人以上が北アイルランドの大学に在籍しています。

中国人学生の数は、2017 年から 2018 年の 107,000 人から昨年は 151,000 人に増加しました。

英国の大学は、非 EU の学生の増加は EU の学生の流出を相殺しておらず、第 3 レベルの教育における経済的安定性を侵食し、すべての教科の多様性を減少させていると述べた。 「学生が国際料金に移行するにつれて、学部生と大学院生の数が減少していることは、英国の研究人材パイプラインにとって懸念の原因です。」

この数字は、「移動の自由の喪失とヨーロッパの学生の授業料状況の変化の影響を非常に明確に示しているだけでなく、学部生にとって決定的に学生ローンへのアクセスの喪失も示しています」とグローバル責任者のチャーリー・ロビンソンは述べています。英国の大学におけるモビリティ ポリシー。

コースの申し込みに基づくより最近のデータを持つ大学入学サービス (Ucas) は、EU 居住者からの申し込みにより、EU の学生の継続的な減少を報告しています。 2016 年の 53,000 と比較して、2022-23 年の学部課程の 24,000。

EU の学生が検討して選択を行うまでに、その数は劇的に減少し、英国には 11,300 議席しか残っておらず、その多くはアイルランドからのものである可能性があります。

ブレグジットの前は、ブロック全体の EU の学生は、国内の学生が支払った額を支払うことになっており、英国の場合、年間 9,250 ポンド以上でした。 彼らは現在、EU以外の学生が支払った料金を支払わなければなりません.Study UKとブリティッシュカウンシルによると、年間11,400ポンドから38,000ポンドの範囲になる可能性があります.

Brexitはまた、EUの学生を学生ローンから除外します 新しい入国規則 アイルランド以外のヨーロッパの学生は、ビザを取得し、ロンドンでのコースでは月額 1,334 ポンド、ロンドン以外のコースでは月額 1,024 ポンドを受け取ることで、自分自身を支えることができることを証明する必要があります。

教育省の広報担当者は、EU の学生数の減少は、ブレグジットを含む「複数の要因が組み合わさって…予想される」と述べた。

「EU の学生は、2030 年までに年間少なくとも 60 万人の学生を受け入れ、英国経済への輸出で 350 億ポンドを生み出すという、国際教育戦略の野望の重要な部分であり続けます。」

READ  米国はいつ渡航禁止令を解除しますか? エントリー要件の説明と有効期限の最新ニュース