Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国は来年、太平洋貿易グループの会談を終了することを目指している、と報告書は述べた

英国は、2022年末までに環太平洋貿易グループに参加するための交渉を終了することを目指しています フィナンシャルタイムズが報じた、 土曜日に、国際貿易大臣のリズ・トラスは言ったと伝えられました。

トラスは新聞に、「来年末までに交渉を終わらせることができるだろう」と語った。

彼女は、この協定は英国がアジア太平洋地域の経済成長から利益を得るのに役立つだろうと述べた。

英国は6月に青信号を受け取り、日本、カナダ、オーストラリア、ベトナム、ニュージーランド、シンガポール、メキシコ、ペルー、ブルネイ、チリ、マレーシア。

トラスはフィナンシャルタイムズに、ワシントンがグループに復帰した場合、米国と英国の間の貿易を自由化することを期待していると語った。 当時の米国大統領ドナルド・トランプは、2017年に米国を以前の貿易協定から撤退させました。

米国は環太平洋パートナーシップ協定の最初の締約国の1つであり、新政権はそれに参加する意向を示していません。 「しかし、将来何が起こるかは誰にもわからない」と彼女は語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  「適切な経済的利益」に基づいてDigicelPacificを購入するというTelstraの入札