Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

英国人は、EU 5 か国で権利を保持する期限に直面しています | 英国のEU離脱

フランスとオランダを含む 5 つの EU 加盟国に住む何万人もの英国人は、ブレグジット後の居住権をまだ申請しておらず、30 日以内に申請を提出しない限り、そこに住み、働く権利を失う危険性があります。

ミカエラ・ベンソン、ランカスター大学公共社会学教授 欧州連合の英国居住者の研究.

「私たちは緊急に、英国、EU、加盟国からのより多くの連絡先、特に重要なブレークポイントを逃すリスクがある脆弱で到達困難な英国国民とのつながりを緊急に必要としています。」

離脱協定の条件に基づき、12 月 31 日の移行期間の終了時に EU 加盟 27 か国のいずれかに合法的に居住していた英国国民は、基本的権利を保護して、永住権を得る資格があります。

スペイン、ドイツ、ポルトガル、イタリアを含む 14 か国が、合法的に居住する英国人にブレグジット後の新しい居住資格を自動的に付与するシステムを選択しています。

ただし、他の 13 の制度は、英国市民が新しい在留資格を正式に申請しなければならない制度を運営しています。 フランス、オランダ、マルタ、ルクセンブルグ、ラトビアの 5 か国は、6 月 30 日までの期限を先に設定しました。

多くの場合、「隙間から落ちる」リスクのある人が最もリスクが高いとベンソン氏は語った。 「なんらかの理由で目立たなくなった人は、おそらく、必要なときに合法的な居住者であることを証明できなかったからです」と彼女は語った。

「心配する必要があるのは、おそらくアウトバックで追い出されたばかりの人々です。彼らは自分で名乗り出そうとはしません。ホームレスのイギリス人、病気のイギリス人、世話をしているイギリスの子供たちもいるでしょう。」

4月28日に最新の報告書が発表されたEUと英国の市民の権利に関する合同委員会によると、 金曜日にリリース、推定 298,000 人の英国人が、いわゆる構成システムを持つ 13 か国に住んでいます。 新しいステータスを申請したのは 190,000 人だけです。

6月末に期限が設定されている5か国では、最新のデータによると、フランスの推定148,000人の英国居住者のうち25,500人がまだ登録しておらず、オランダの45,000人のうち8,300人が45,000人と推定されています.

ラトビアではまだ 800 人近く、ルクセンブルグでは 1,700 人、マルタでは 5,300 人、フィンランドとスウェーデンでは 12,000 人が申請する必要があり、9 月 30 日に締め切りがあります。 ベルギー、デンマーク、オーストリア、ハンガリー、スロベニアの締め切りは 12 月 31 日です。

ベンソン氏によると、そのほとんどは2018年のデータに基づいているため、数字は概算であり、フランスなどの一部のEU諸国では、EU居住者が公的サービスの資格を得るために当局に登録することを要求したことがないため、控えめな表現かもしれない.

「これは、英国が思ったよりも多くのEU居住者を持っていたように、あなたが想像するよりもはるかに多くの英国人がいる可能性があることを意味します」と彼女は言った. 「また、最近の記録があるオランダのような場所よりも、彼らに連絡するのが難しくなります。」

EU離脱後のEU指令によると、「期限内に適用しないと、離脱協定に基づく権利が失われる可能性がある」という構成制度があり、その中には住み続ける権利も含まれる.

委員会の報告によると、推定762,000人の英国市民が、ブレグジット後の自動または「実証的」な在留資格システムを使用してEU諸国に住んでおり、現在までに約165,000人の市民が登録しています。

これらの 14 か国の多くには、英国の居住者が新しいステータスに登録する期限がありますが、権利を失う代わりに罰金に直面しません。

READ  ロングアイランドストップ&ショップでの致命的な銃撃の後、ガンマンが逮捕される