Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

菅と備伝の首脳会談の前に、日本はテンセントと楽天の関係について米国に通知します

楽天は、中国の技術グループTencent Holdingsからの投資が国家安全保障に与える影響について監視されると、政府当局者は今週の二国間首脳会談に先立って米国のカウンターパートに語った。

米国側の予測は、日本で最新の5G事業者である楽天への中国の投資について疑問を投げかける可能性があります。 これらの人々は言った。

これらの人々によると、日本の当局者は、3月中旬からワシントンの米国国家安全保障会議や他の人々と楽天の資金調達契約を共有している。 東京は、強化された外国投資規則に基づいて、財務省と他の機関がパートナーシップを注意深く監視し、テンセントが非公開技術にアクセスできるかどうかを確認することを彼らに安心させようとしていると人々は言った。

経済安全保障に関する緊密な協力は、米国と中国の間の緊張が高まり、米国の同盟国間の技術同盟への期待が高まる中、菅とバイデンの首脳会談の議題になると予想される。

テンセントグループの楽天への投資は、億万長者の三木谷浩史が設立し主導する電子商取引グループであり、このような背景にあります。

楽天は3月12日、日本郵政、ウォルマート、テンセントのイメージフレームインベストメントなどの投資家への株式売却で総額2,423億円(22億ドル)を調達すると発表した。 子会社は3月31日に3.65%の株式に対して657億円を支払った。

東京の懸念は、バイデンの前任者であるドナルド・トランプが1月初旬に出した大統領命令に端を発している。 この命令は、Tencentが開発したものを含む多くの中国のアプリとの取引を禁止し、「国家安全保障に容認できないリスクをもたらす可能性がある」と述べた。 ワシントンは、中国の民間部門の技術は国の軍隊による没収の可能性があると警告した。

日本のメジ大学教授で経済産業省の元職員である細川昌彦氏は、「米国のテンセントに対する強硬な見方は今のところ変わっていない」と述べた。 「 [Tencent] 投資はバイデン政権にとっても懸念事項となる可能性が高い」と語った。

楽天CEOの三木谷浩史氏(左)は、3月12日に東京で日本郵政の増田寛也会長と資本提携を発表した。 (デイリーコタニによる写真)

昨年施行された改正日本外国為替貿易法では、外国人投資家が国家安全保障上重要と認められる日本企業の株式を1%以上取得する場合は、事前の通知が必要です。

Image Frame Investmentは、楽天の3.65%の株式について事前に通知していません。 法律は、機密技術へのアクセスの欠如など、特定の条件を満たす外国人投資家に免除を提供しています。

楽天の広報担当者は、テンセントグループの株式の購入は「純粋な金融投資」であるため、免除基準を満たしていることを理解していると語った。

免除規則に違反する企業は、コンプライアンスを確保するための管理手続きの対象となります。 これに従わない場合、とりわけ株式の売却命令が出される可能性があります。

メジ大学細川氏は、「外国為替法が改正された後も、米国と同じレベルの規則だとは考えていない」と述べた。

菅義偉内閣の加藤勝信長官は3月30日、記者団に対し、東京は「懸念が生じないよう、法規制を遵守して行動する」と述べた。

世界的な技術の覇権をめぐって超大国が中国から分離した時期に、日本は米国を支持してきた。

SUGAとバイデンのサミットでは、リーダーは重要なコンポーネントの安定したサプライチェーンを確保するために協力することに同意することが期待されています。 この会議はまた、サプライチェーンの分散化、希土類元素、新技術の共同開発における現在の協力をさらに強化する機会を双方に提供することが期待されています。

READ  中国の風力タービンメーカーが電気自動車を充電するロボットを発売