Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

行為だ!  188 本の映画プロジェクトで使用された日本の採石場ツアーへの高い需要

行為だ! 188 本の映画プロジェクトで使用された日本の採石場ツアーへの高い需要






映画「テルマエ・ロマエ」の舞台となった場所を子どもらと歩く保護者ら=千葉県鋸南町の元名採石場跡地で2024年5月18日、岩崎宣道撮影

千葉県慶南—この東日本都市にあるかつての採石場が映画のロケ地となった場所で5月18日、映画製作現場のツアーや地域の悪路での試乗などを含むイベントが開催され、約130人が参加した。

キオナン市政府によると、モトナの採石場跡地は通常立ち入り禁止であることもあり非常に人気があり、定員の4倍以上がイベントへの参加を申し込んだと伝えられている。

撮影現場となった現場の見学は午前と午後の2回実施された。 参加者は約45分間、生命保険のCMで俳優の阿部寛さんが運転する車が立ち往生した側溝や、水位が常に変わらない池などについて説明を聞いた。






ロケ地として人気があるという、地下水と雨水が溜まり常に同じ水位を保つ池=千葉県鋸南町の元名採石場跡地で2024年5月18日午後3時30分/岩崎宣道))

家族2人とともに千葉市緑区から来たフリーター、宮崎朗さん(51)は「普段は行けない場所なので貴重な体験。実際に撮影された場所に立つと気分が上がる」と話した。どの作品にも親しみを持って。」

敷地面積は約28万平方メートル。 この岩石は、1971年に初めて操業が記録されて以来、32年間にわたってここで採掘されてきた。その後、写真撮影などに使用され、2018年に市が購入した。3月末現在、188件のプロジェクトが使用している。 映画『テルマエ・ロマエ』やテレビドラマ『相棒』など。

【館山支局岩崎伸道】

READ  グリーンピースのチーフ専門家であるショーン・バーニーとヒズブト・タハリールのジャーナリストのグループのインタビューで、物議を醸しているフクシマの海への水投棄計画の影響について