Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西側諸国の指導者らはロシアの和平提案を拒否

西側諸国の指導者らはロシアの和平提案を拒否

ウラジーミル・プーチン大統領は、もしウクライナがクレムリンに併合された4つの地域から軍隊を撤退させ、NATOに加盟しなければ、ロシアは戦争を終わらせると述べた。

広告

イタリア、ドイツ、英国の首相はロシアのウラジーミル・プーチン大統領が提示した停戦条件を拒否した。

イタリアのジョルジア・メローニ首相は、イタリア南部でのG7サミットの閉幕に際し、プーチン大統領の和平条件を「プロパガンダ」と表現した。

ドイツのオラフ・ショルツ首相もプーチン大統領の提案に対して同様に否定的な反応を示した。 同氏はドイツ放送ARDとのインタビューで、「(プーチン大統領が)最終的に提案しているのは、帝国主義者の襲撃を記録することだ」と語った。

シュルツ氏は、プーチン大統領が設定した条件はロシア国民に向けられたものであり、ロシア国民は真の和平条件よりも戦争の平和的な結末を望んでいると述べた。 シュルツ氏はまた、プーチン大統領が対ウクライナ戦争開始における自身の役割を「隠蔽」しようとしていると非難した。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は金曜日の演説で、キエフが2022年にロシアが併合した4地域から軍隊の撤退を開始し、NATOへの加盟計画を放棄した場合、「直ちに」停戦を命じ、交渉を開始すると約束した。

英国首相は土曜日、スイスでのウクライナ和平サミットの開催を求めるプーチン大統領の提案を拒否し、プーチン大統領は「真の平和の実現に真の関心はない」とし、サミットはとりわけ領土保全などを議論し支持することを目的としていると述べた。

同じ首脳会議で、欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン委員長はプーチン大統領の提案を批判し、「ウクライナ領土を占領している外国軍との今日の紛争を凍結することは解決策ではない」と述べ、これが紛争の長期化につながる可能性を示唆した。

同氏は、持続可能な平和が優先事項としてウクライナの領土一体性を確保すると付け加えた。

ジョー・バイデン米大統領の代わりにスイス首脳会談に出席した同米副大統領は、「プーチン大統領は交渉を求めているのではなく、むしろ降伏を求めている」とコメントした。

ウクライナの永続的な平和の基盤を提供することを目的としたサミットでは、ウクライナの主権を尊重するよう求める声が聞かれた。 フランスのエマニュエル・マクロン大統領はXに、恒久的な平和はウクライナの「主権」を尊重すると投稿した。

スイスでの会議には、2022年2月に侵略が始まって以来初めて、数人の国家元首を含む90人以上の代表団が集まり、ウクライナの和平について話し合う。

ロシアは、キエフがロシアがもたらした地域的利益を認めない限り、ウクライナとの和平交渉を開始しないことを明確にしたため、サミットには招待されなかった。

ウクライナの交渉条件には、併合したクリミア半島を含む自国の領土からロシア軍を追放すること、ウクライナの領土一体性を回復すること、ロシアの戦争犯罪責任を問うことが含まれている。

キエフはまた、ロシアは両国間の戦争を開始したことに対してウクライナに賠償金を支払うべきであり、NATO加盟申請の手続きを継続すると述べた。

READ  トランプ大統領、日食に関する奇妙な広告を投稿 - 頭が太陽を遮り、米国を暗闇に陥れる