Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本で捨て犬が亡くなった後、補償金の支払いを命じられた「神のボランティア」



「神のボランティア」と呼ばれる女性の世話をした後に亡くなったスイカ犬は、動物保護団体紬が提供したこの写真に見られます。

大阪-大阪地方裁判所は、動物保護団体の長が犬が貧しい人々で死んだと主張した後、京都府の女性に捨てられた犬と猫を家に持ち帰って約67,000円(約590ドル)の補償金を支払うよう命じた環境。

裁判長は、犬をきちんと世話する意志や能力がないにもかかわらず、女性が犬を受け取ったことに気づき、犬を弱体化させた。

過去25年間で、55歳の犬と猫を自発的に避難所に連れて行き、京都府八幡市の自宅で飼育したと言われています。 彼女の周りの人々は彼女を「神のボランティア」として知っていました。

11月26日の決定によると、2016年、三重県四日市市の動物保護団体紬は、保健所が動物を担当した後、雄のメロン犬を受け取った。 グループが動物の新しい家を探し始めてから約2週間後、私はそれを受け入れることを志願した女性に犬を引き渡しました。

判決は、女性が財源の不足のために病気にかかった犬と猫を捨てたと説明しました。 女性が適切に世話をする意志や能力を持っていなかったにもかかわらず受け取ったスイカは、劣悪な環境で衰弱して死亡したことが知られていました。

動物愛護団体は145万円(約12,800ドル)の損害賠償を求めたが、グループが受け取った直後に犬が女性に渡されたという理由で、裁判所は損害賠償額を低く抑えた。

判決後、動物保護団体の服部千角さん(61)は涙を流しながら、「これは動物が経験した悲しみを取り除く結果ではない。人間と動物の生活は等しく重要である。私は失望している」と述べた。 グループは上訴を提出する予定です。

飼育中の約30頭の動物が虐待され、食料や水が提供されなかったために飢えて死亡したことが発覚した後、2020年11月に京都府警察に逮捕された。 当時、彼女は30万円(約2,646ドル)の罰金を科せられた。

(大阪市ニュース部柴村由美による日本語原作)

READ  カリフォルニアは屋内の公共スペースでの大量の隠蔽を要求します-締め切り