Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本の動物園で15年ぶりに生まれたヒョウの子



アドベンチャーワールドで15年ぶりに生まれた白浜は、2021年7月29日にワガマ県で発見されました。 (アドベンチャーワールドの写真提供)

ワーガ白浜町-動物園は8月3日、日本の西部の都市にあるアドベンチャーワールドテーマパークで15年ぶりにヒョウの子が生まれたと発表しました。

男の子は7月22日に5歳の男の子と4歳の女の子に生まれました。どちらも2021年3月に南アフリカから到着し、7月26日までの平均体重は780グラムでした。 。

今回は母ヒョウが2頭の子を産んだが、1頭が死亡して生まれた。 母親と赤ちゃんはプライバシーを守るために外界から離れた密室に保管されていますが、赤ちゃんは大声で泣いてミルクを物乞いしていると言われています。



2021年7月26日、ワーガの白浜にあるアドベンチャーワールドでヒョウの体重が測定されました。 (アドベンチャーワールドの写真提供)

施設の代表は、「メスのヒョウは初めての母親ですが、赤ちゃんの世話をし、餌を与え、育てており、カブは非常に速く成長しています」と語った。

カブを一般に公開するには時間がかかりますが、動物園では赤ちゃんの成長をYouTubeやその他のサービスで放送する予定です。 カブの誕生により、動物園のヒョウの総数は11頭になります。

(田辺地方局、タグッチ幸弘)

READ  日本南西部で火山が噴火し、怪我はありませんでした