Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本実証飛行でドローンを使って自律的に薬を届ける

西日本実証飛行でドローンを使って自律的に薬を届ける





2023 年 3 月 30 日、和歌山市の和歌山県立医科大学で、顔認証による本人確認を行った後、ドローンから医薬品を受け取る警察官。 (毎日/加藤淳久)





2023年3月30日、和歌山市の和歌山医科大学で医薬品の箱を運ぶドローン。 (毎日/加藤淳久)

和歌山県では、この西日本の都市にある大学が最近、都市部での自動飛行を許可する日本の最新の法律を使用して、医療用品のドローン配送の実演デモを行いました。

2022 年 12 月、日本は民間航空法を改正し、「レベル 4」の飛行、つまり人口密集地域で操縦者の視界を超えてドローンを遠隔操作できるようにしました。

大阪を拠点とする医療機器・医薬品卸のKSK株式会社。 同社は、1995 年の阪神淡路大震災や 2011 年の東日本大震災などの災害の後、現場の施設に医療物資を届けることができなくなったという話を業界の他の人から聞きました。

そこでドローンの活用を検討し、大規模災害で街が寸断された際に薬を届けられるシステムを目指した。 同社は、東京のNTTコミュニケーションズ株式会社から提供されたドローンと、和歌山医科大学からの医療に関するアドバイスを受けて前進しました。

3月30日の試験飛行では、ドローンは体温調節薬を運ぶ任務を負っていました。 ドローンは薬を冷蔵庫に入れたまま、和歌山県立医科大学から約1.5キロ離れた若川河川公園テニスコートから離陸。 レベル 2 フライトを使用して、ドローンはオペレーターの視野内で自律的に飛行し、約 20 分後に大学の図書館の建物の上に機械が着陸します。 顔認識カメラを使用して警官の身元が確認された後、ドローンは薬を分配しました。

航空機の振動やその他のデータを分析して、将来の課題を特定します。 その後の実験では、研究者は人口密集地域の上空を飛行するなど、他の飛行位置に移動することを計画しています。

KSKのロジスティクス戦略責任者である平谷浩志氏は、テスト後、「ドローンが適切に配達できることを証明した」と述べ、2025年までにレベル4の飛行が行われると楽観的だ.

和歌山県立医科大学学長補佐の上野雅巳氏は、ドローンは災害時だけでなく、一人暮らしや山間部の高齢者への薬の配達など、地域医療や平時でも役立つと考えている。

(和歌山支局 加藤淳久)

READ  日本の任天堂ゲーム機のパイオニアである宇村は78歳で亡くなりました