Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本教育委員会は、3つの小学校で「いじめ監視システム」をテストする予定です。

奈良-西日本の奈良教育委員会は、教師の経験やスキルに関係なく、いじめの症状をさまざまな角度から特定するために、州内の3つの公立小学校で「いじめの監視」をテストします。

奈良県教育委員会は、5月19日に奈良で開催されたいじめ対策連絡協議会でこの計画を発表した。 同一の基準で事件を解決することにより、子どもたちの対立を特定し、問題を早期に解決することを目的としています。 教育委員会は、このシステムが実際にいじめの防止に役立つかどうかを検討し、他の学校でこのシステムを使用するかどうかを決定します。

評議会は、担任の教師がリスクを判断できるようにするコンピュータシステムのアイデアを思いつきました。 いじめの確率は、「可能性」、「高確率」、「潜在的強度」の3つのレベルに分類されます。

各レベルで、「授業で注意を払っていない」、「学校に来たがらない」、「靴や所持品がない」など、生徒に関する18項目がチェックされます。 生徒がこれらの基準のいずれかを満たしている場合、教師は、生活状況を含め、学校全体が注意を払うことを確認するチェックマークを付けます。 評議会はまた、いじめの可能性に応じて、観察の改善や対抗措置グループの設立などの措置を講じるよう学校に求めた。 各市教育委員会のメンバーは、いじめ防止システムからのデータを確認することができます。

コンピュータ試験は、2021年1月に古城市立北立小学校ですでに開始されています。 また、カウアイ島の市立河合太一小学校とタイニー小学校でも新たに運営されます。

審議会は、試験結果に基づいてシステムをアップグレードし、中学校向けの追加バージョンを作成することを計画しています。 理事長で大阪の京湯大学教授の戸田雄一氏は、「統合された基準を用いたいじめを、事件を見逃すことなく検出することを目的としている。このシステムを3つの小学校すべてでテストすることで問題を理解したい」と語った。学校。

(日本語原作:村達達夫、奈良局)

READ  バリュー投資家が日本に注目すべき理由