Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

要件:古代弥生男は西日本で競争するのと同じです



この写真は、鳥取県が古代の骨から採取したDNAをもとに再建した「あよやよい男」の胸像です。 (写真提供:鳥取県)

鳥取県-日本の西部の鳥取県は、都道府県の廃墟で発掘された古代の骨のDNAから再構築された顔に似た顔を持つ人々を探すための全国大会を開始し、州に勝者を招待します。

鳥取県は、鳥取市の青谷上地地で発掘された弥生時代(約1800年前)に人間の頭蓋骨から採取されたDNAをもとに、「青谷弥生男」の顔を再建しました。 フィギュアの胸像が最近発表されました。

地方政府は、洋代の男が現代世界のどこにでもいる男の顔をしていると主張して、「同一の外見」を探し始めました。 復元された男は、先史時代の縄文時代に父方から来て、弥生時代に母方から来日しました。 そのため、縄文時代の男性の深く刻まれた特徴と、よよい時代の男性の平らな鼻の両方を持っています。

鳥取知事の廣井真司氏は「顔がとても馴染み深いので、どこか若い男だと思われるかもしれない」とコメントした。 20年近くヨヨイ族の遺跡の調査・保存に携わってきた同州は、「鳥取ヨヨイ王国」と自称しており、出身者を探すことで勢いを増していきたいと考えています。



この写真は、スーツを着た「やおい男」の胸像。 (写真提供:鳥取県)

申し込みは12月19日までメールまたは郵送で受け付けます。 受賞者は来年5月にアイオワコミジチ遺跡のツアーに招待されます。 県はあよやよい男に公募し、当選者には当時の人々が食べていた野生の狩猟肉など、県から賞品が贈られます。

申請のガイドラインやお問い合わせは、県庁鳥取弥生王国振興課のホームページhttps://www.pref.tottori.lg.jp/yayoi-suishin/をご覧ください。

(日本のオリジナル野原博文、鳥取局)

READ  オンラインサイトでのギャンブルの法則