Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

親ウクライナ戦闘員、ロシアの村を「占領」するため大胆な国境を越えた戦車襲撃を実施

親ウクライナ戦闘員、ロシアの村を「占領」するため大胆な国境を越えた戦車襲撃を実施

義勇大隊が前進する際に大砲と迫撃砲が陣地を砲撃したと主張された。

近くのコジンカ村、グロトフ村、ゴーラ・ポディル村は、ウクライナ支援部隊によって占領されたと伝えられている。

ウクライナ情報筋はソーシャルメディアでの嘲笑として、新たな「ベルゴロド人民共和国」の樹立を宣言する3人の兵士の写真を投稿した。

これに先立ち、ロシア治安当局と関係のあるバザ・テレグラム・チャンネルは、検問所を前進するウクライナ車両の列を映したと思われるドローン映像を公開した。

戦闘が勃発すると、RDKは軍隊が国境を越えたことを確認し、ロシア国境地域の住民に対し自宅に留まり「抵抗しない」よう呼び掛けた。

一方、ファミリーリンク連盟はテレグラムチャンネルにビデオを投稿し、ロシア国民に立ち上がりウラジーミル・プーチンを倒すよう呼び掛けた。

報道官は「クレムリンの独裁政権に終止符を打つ時が来た」と述べた。 「勇気を出して、怖がらないでください、私たちは家に帰るのですから。」

ベルゴロド州知事のヴャチェスラフ・グラドコフ氏は、ウクライナの「破壊活動グループ」が国境を越えて同地域に侵入したと述べた。

同氏はテレグラムで「ロシア連邦軍は国境局、国家警備隊、連邦保安局と協力し、敵を排除するために必要な措置を講じている」と声明で述べた。

READ  ライブニュース:香港は米国、英国、オーストラリアからの旅客便を禁止しています