Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

親政府のツイッターアカウントと自民党のアカウントの奇妙な関係



Twitterアカウント「Dappi」のスクリーンショットが見られました。

東京発-17万人以上のフォロワーを持つ匿名のツイッターアカウント「ダッピ」が、2人の主要な野党メンバーによる情報開示の要請を受けて、オンライン世論を操作する自由民主党(LDP)の戦術の一部であるという疑いが浮上した。 立憲民主党(CDP)は、自民党を扱うウェブ開発会社が物議を醸している取引の背後にあることを明らかにした。

2019年6月以来、Dappiは野党議員を批判するいくつかの投稿を、議会の質疑応答セッションと保守的なインターネットプログラムのビデオとともにツイートし、与党のメンバーに対する賞賛もツイートしています。 ダッピのプロフィールには、「私は日本が大好きです。偏ったメディアは嫌いです」と書かれています。 11月12日の時点で、ハンドルには約176,000人のフォロワーがいます。 このアカウントは、特に国会議員の質問や議会での発言を対象としたいくつかの投稿で、その物語に一致するように変更されたクリップを使用したため、以前は反発に直面していました。

CDPの取締役である小西裕之氏と菅生秀也氏は、Dappiの投稿によって評判が損なわれたとして、ISPやその他の団体にアカウントの背後にいる人物を明らかにするよう求める訴訟を起こした。 今年の10月下旬、2人は、ツイートの送信者として特定された東京を拠点とするWeb開発会社、およびその上司やその他の人物に対して訴訟を起こしました。 東京地方裁判所に提起された訴訟は、総額880万円(約77,200ドル)の補償と1件のツイートの削除を求めている。



立憲民主党議会小西裕之、2021年3月5日(毎日/竹内寛)

検察は、送信者が2020年10月にDappiとしてTwitterにログインし、財務省の近畿地方財務局の当時の従業員が「翌日、杉生と小西に1時間質問された後、自殺した」という誤った情報をツイートしたと主張している。公開文書を改ざんしたため。 政府による国立学校運営者への日陰の土地の売却に関連するスキャンダル。 二人はこれが名誉毀損を構成すると言います。 また、東京の会社がダッピのハンドルを運営し運営していると主張しているが、これだけでは、東京の会社が出版物の制作に体系的に関与していることを証明するものではない。

一般的に、ソーシャルメディアに関連する情報の開示は個々の投稿に限定されています。 したがって、アカウント自体が単一の個人によって管理されているのか、グループによって管理されているのかを判断することはできません。 また、インターネット接続契約の情報が開示されたとしても、必ずしも関係者が公開の当事者であるとは限りません。

オンライン投稿の送信者を特定するための情報開示に精通した弁護士の深沢聡氏は、毎日新聞に「インターネット契約の所有者は、送信者とは違う人物であることが多い」と語った。 同時に、情報の開示を要求する当事者が、実際には同じ人物であるにもかかわらず、契約の所有者と送信者が異なる人物であると主張することも一般的であると彼は述べた。

9月、東京地方裁判所は議員に有利な判決を下し、情報の開示を命じた。 インターネット契約の所有者として指名された同社は、その後の補償訴訟で反論を表明しなかった。 自民党が実際にダビのつぶやきに関与したことを示唆する証拠はまだない。

それにもかかわらず、自民党がダッピの作戦に体系的に関与していることへの疑念は明らかではないようだ。 その理由の一つは、ウェブ開発会社が与党と取引をしたことだ。



2019年10月15日、立憲民主党議会の杉生英也(毎日/川田正博)

いくつかの信用調査会社によると、問題の会社は2001年に設立され、従業員は20人未満です。 そのサービスには、ウェブサイトの作成、広告の計画、広報が含まれます。 その主要な顧客の中には自民党と主要な出版社があり、その主要な銀行の1つは、衆議院の第一会員事務所ビルにあるりそな銀行の住宅支店です。 支店に行くにはセキュリティチェックをスワイプする必要があり、りそな銀行は、通常、国会議員やその他の関係者の秘書に発行される国会議事堂の許可なしに、個人が口座を開設することはできないと述べています。 パスには、キャリアの名前と所属する組織、写真付きの身分証明書が含まれています。

党補助金支出の報告によると、自由民主党東京支部協会を含む少なくとも2007年以来、「インターネットサーバー料金」に分類される政党への公的資金として総額2548万円(22万4000ドル)を会社に支払った。 “およびその他の目的。

さらに、同社はSystem Syunou CenterCo。と取引しているようです。 、LDPと密接に関連しています。 システムシヨノセンターは、自民党の非会員から年会費を徴収するために1977年に設立されました。 自由民主党議員が同社の最高経営責任者を務め、岸田文雄首相が2001年と2003年から2005年まで取締役を務めた。

政治基金の報道によると、自民党本部は、2019年だけでシステム九王センターに総額4,086万円(36万ドル)の「経費」を支払った。

毎日新聞は、ダッピや自民党の東京支社から委託された企業への関与の可能性を含め、ウェブ開発会社にインタビューを求めたが、同社はこの件についてメールでコメントすることを拒否した。 彼女は、2人の代理人によって提出された法的苦情を読んでいないと述べた。 毎日も自民党の東京支部にコメントを求めたが、11月12日まで返答がなかった。

System Syunou Centerは、「特定のシステム開発および保守サービスプロジェクトに関与している会社」を割り当てているが、「Twitterアカウントの知識がない」との手紙で返答した。 一方、自民党本部は私の本の中で、「問題のツイッターアカウントを知らず、関与していない(運営に関与していない)」と述べた。会費。システムシュノウセンターを通じてツイッターを運営していることはありません。」

ダビは当時、菅義偉首相のコロナウイルス関連の非常事態宣言の解除に関するツイートをリツイートしたが、それ以降は投稿されていない。 アカウントと自民党との関係は未解決のままです。

(デジタルニュースセンター塩田彩による日本語原文)

READ  中国のパンダ債市場はCOVID安値から反発