Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

観光客はスタッフなしで風光明媚な駅を訪れるために乗り込みます

愛媛県イウォにある下灘駅は、人里離れた場所にあるように見える混雑していない単線の施設です。

しかし、最近のある夜、合計50組のカップルと家族が小さな駅に出席しました。

プラットフォームの前には瀬戸内海が広がっています。 座席から海を眺めると、ゆっくりと時間が経っているように感じます。

訪問者が最も探しているのは、青と赤の美しい色合いで空と海が照らされる「マジックアワー」です。

大学生と自称する2人の女性訪問者がまばゆいばかりの目で現場を見つめていました。 「海にとても近い場所から楽しめる美しい夕日」に感動したという。

下灘駅までは都道府県松山から電車で約1時間、1時間に1本しか停車しません。

サイトにアクセスするのは困難でしたが、生徒たちはすぐに写真を撮り、「訪れる価値のある最も美しい風景」を記録しました。

下灘駅は、全国で増え続ける無人駅のひとつであり、鉄道事業者や住民が観光地や地域の拠点として再発見しています。

一日中スタッフがいないこれらの駅には、素晴らしい景色や駅に直結したキャンプ場など、多くのアトラクションがあります。

しかし、障がい者の安全確保や道路の確保が困難な無人駅の現状から、多くの課題が残っています。

下灘は35年間無人です

四国旅客鉄道(JR四国)によると、下灘駅は1935年に完成しました。

かつては旅客輸送で繁栄し、メイカンの果物輸送ハブとしても繁栄していましたが、自動車の普及により乗客数が減少したため、1986年に駅は無人になりました。

転機は約10年後、1998年から3年連続で青春18きっぷの定額ポスターが採用された。下灘駅にもテレビや広告のドラマが設置され、ニックネームで停車した。 「日本のサンセットビューステーション」の。

下灘駅の写真は最近Instagramやその他のソーシャルメディアサイトに広がり、駅の名声は国内外に広がっています。

4年前に駅舎前にオープンした下灘珈琲店主の戸田英夫さん(47)は、施設の近くで生まれ、海の美しさに浸りながら育ったと語った。

「駅には特別なことは何もない」と戸田は言った。 「しかし、人々は毎日変化する表情をとるためにそこに現れ始めています。」

ブライダル事業も営む戸田氏は、喫茶店のトレーラーをリニューアルし、「コーヒーを飲みながら豪華な海の風景を満喫」できるようにお客様をお迎えしました。

下灘駅は、スタッフが不足しているにもかかわらず、地域の主要な施設として機能し続けており、地元の高齢者グループがサイトを清潔に保ち、訪問者と挨拶を交わしています。

「下灘駅が私たちの宝物だと気づきました」と戸田さん。 「他の多くの人々と協力して、地域社会を活性化させたい」と語った。

増加中の無人駅

運輸省のデータによると、2020年3月の全国には4,564の従業員のいない駅があり、9,465の駅全体の48%を占めています。 2002年に公式記録が最初に保管されて以来、この数は過去18年間で400以上増加しています。

人口減少による乗客数の減少に伴い、鉄道会社はより効率的な鉄道運営に取り組んでおり、その結果、一部の駅は都市部でも特定の時間帯に人員が配置されていません。

JR東日本は、地域社会を強化するためのスタッフが配置されていない駅を利用することで、この傾向を利用しようとしています。

JR東日本では、1,655の駅の40%にスタッフがいないため、無人駅の利用が急務となっており、維持費が増加しています。 この問題に対処するため、JR東日本は無人ターミナルビルを企業などに賃貸するプロジェクトを開始しました。

群馬県みなかみ町の土合駅では、11月から「キャンプ」と呼ばれる魅力的なキャンプ場の提供を開始しました。このキャンプ場では、通常の活動に伴う面倒な作業をせずに、宿泊施設のテントと屋外サウナを利用できます。

山田線に沿った盛岡の上米内駅は、昨年4月に地元の特産品である日本のニスを旗印に、住民が集まるときに楽しめるようにアップグレードされました。

JR東日本スタートアップ株式会社のシニアマネージャー、熊本真一氏は次のように述べています。 、プログラムを担当するJR東日本の子会社:「通常の無人駅は住民に特別な価値を提供します。」 「私たちはそれらを地元の交換センターとして利用します。」

無人駅の安全性と乗客の利便性には問題が残っています。 最も困難なリスクにさらされているのは、電車の乗り降りの支援が必要な障害者です。

鉄道事業者は、インターホンを専用の遠隔操作装置に挿入するなどの措置を講じて、これらの乗客に救いの手を差し伸べ、スタッフを派遣しています。

しかし、障害者は、「駅での乗り降りが思い通りにできないため、無人駅が移動の自由の障害になっている」と批判している。

そのため、昨年、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)は、宮崎県川南町川南町の根武線川南駅で、電車で移動する車椅子の乗客を支援するために、研修コースを修了した市職員の許可を開始しました。 以前はJRの従業員のみがサービスを提供する資格がありました。

市の観光協会の会員が無人駅の切符監査役を務めているため、JR九州は市町村との外注契約に車いす乗客ケアを盛り込み、職員が車いす利用者を支援できるようにしています。

運輸省は、鉄道会社と障害者のグループで構成される委員会を設立することにより、スタッフのいない駅で障害のある乗客に対して鉄道事業者が何をしなければならないかを概説するガイドラインを作成しようとしています。

READ  パンデミックな旅行ニュースの更新: オーストラリアの部分的な封鎖、アメリカ人は日本に警告した