Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

訃報 | 独特の経営理念を持つ100円ショップの王様、ダイソーの創業者

訃報 | 独特の経営理念を持つ100円ショップの王様、ダイソーの創業者

先見の明のあるダイソー創業者矢野博滝氏が2月12日、心不全のため80歳で死去した。 ダイソーは日本初の100円ショップではありませんでしたが、製品の品質を向上させることでビジネスの概念に革命をもたらしたという評判を得ました。

矢野さんは広島東市の自宅で死去した。 彼の家族は彼の追悼として密葬を執り行った。

矢野さんは1943年に中国の北京で生まれ、第二次世界大戦後、家族とともに広島に移住した。 中央大学卒業後、カンパチの養殖、百科事典の訪問販売、家庭紙リサイクル事業の経営など、さまざまな職業経験を積んできた。

1972年に矢野商店を設立し、全商品を100円(1ドル未満)で販売するようになった。 1977年、矢野商店は大創産業として正式に設立され、矢野が社長に就任した。 会社は彼の賢明なリーダーシップの下で急速に拡大しました。

ダイソーは1991年に高松市に初の直営小売店をオープンし、業界のリーダーとなった。 矢野氏は2018年に社長を退任し、息子の誠二氏にバトンを引き継いだ。 その後2019年に引退した。

1999年12月、ダイソー本社にて矢野博丈氏(©産経)

理念とビジョン

独特の経営哲学で知られる矢野氏は、現実の厳しさを率直に指摘した。 注目すべきは、同氏が「企業が倒産するのは普通のことだ」と述べ、「自己否定」の重要性を強調したことだ。

矢野によれば、自分には運も能力もないと思っていたという。 自分の悲観的な傾向を「否定」するために、彼は結婚後に出生名を変更した。

広告


ウクライナへの援助ロゴ

2023年4月より矢野の経営理念を連載中 産経新聞 タイトルの下に「100円男の哲学一部の批評家は、彼の発言が経営者としての能力を非難する無作為なものであると見なすが、このシリーズは彼の言葉の裏にある確固たる信念と哲学を明らかにし、日本再生への貴重なヒントを与えてくれる。

顧客を第一に考えます

矢野百円札のコンセプトは「デフレ最愛の人」とも言われます。 しかし、この構想は、ダイソーが爆発的な人気を博していた時期に、矢野氏の何気ない一言から始まった。 彼の従業員は疲れ切っていて、商品に値札を付けることも、価格を計算することさえできないことに気づきました。 絶体絶命の瞬間、矢野は全品100円にすると発表した。

この決断は、利益よりも顧客を優先するという彼の経営哲学を反映しており、それがダイソーを100円ショップの代表格に変えるのに役立った。

しかし、矢野氏の事業コンセプトは、安い商品は品質が悪いためお金の無駄であると批判され続けた。 それらが間違いであることを証明しようと決意した彼は、「たとえ収益性を無視することになっても、高品質の商品」を提供することを主張した。 たとえ製造原価が98円であっても、価格は100円を維持した。

2016年8月23日、関西国際空港のダイソーに到着した観光客ら(©産経・前川淳一郎)

「顧客に飽きられたら終わり」と考え、ゲーム感覚で楽しめる商品開発や魅力的な店舗レイアウトに注力した。 伝統から脱却し、「自己否定」を繰り返しながら経営理念を磨き上げた。

矢野さんはかつて、イトーヨーカ堂の創業者・伊藤正敏氏が怒って従業員に指示を出していたのを目撃したことがある。 この出会いがきっかけで、「ビジネスリーダーの役割とは、冷静沈着ではなく、目の前にある課題に必死に取り組むこと。つまり、社員を叱責することが実はいいことなのだ」と悟ったという。 その時点から、彼は「日本で最も怒っている大統領」として知られるようになった。

ユーモアのタッチ

仕事以外でも、矢野さんは常に自分の気分を改善しようと努めていました。

私が矢野選手に初めて会ったのは2020年の正月でした。矢野選手は母校である中央大学箱根駅伝チームの応援のため東京・大手町に来ていました。 寒い天気にもかかわらず、彼は薄着しか着ていなかった。

広告


ウクライナへの援助ロゴ

「暑さに耐えられない!」と広島弁で冗談を言った。 そして自己紹介をして「怪鳥」と書かれた名刺をくれました(かいちょう、怪鳥)の「会長」の代わりに大創産業の(かいちょう、 社長)。

また、矢野さんは、ダイソーで売られていた血まみれのおもちゃの剣で殴られたふりをして、「負けた!」と叫んだこともあった。

広島の自宅で語るダイソー創業者の矢野博丈氏。 (©サンキー)

しかし、彼はいつ真剣な口調になるかを知っていました。 面白い名刺の他に、彼は次の言葉が書かれた名刺も持っていました。ありがとう「(THANK YOU)」を大胆にプリント。

「『ありがとう』を言い続けると、本当に良い方向に向かっていくんです」とその表情には真剣さがにじみ出ていた。

矢野さんは4月に広島大学の特別招聘教授として新入生に講義をすることを楽しみにしていた。

矢野さんは「日本人はもう昔のように頑張れなくなった。このままでは日本は崩壊してしまう」と嘆いていた。 彼はしばしば「新しい日本の創造を主張する」演説を行った。

矢野さんは2月12日朝、広島市内の自宅で胸の痛みを訴え、その日のうちに亡くなった。

矢野氏は、価格高騰という課題に真正面から立ち向かい、日本の小売・流通業界の新時代を築いたリーダーでした。

広告


ウクライナへの援助ロゴ

関連している:

著者:今堀守道

READ  ワイルドマウンテンフォージは、デュランゴファーマーズマーケットで伝統的な日本の包丁を販売しています-デュランゴヘラルド