Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

記者会見における黒田日銀総裁の発言

記者会見における黒田日銀総裁の発言

[ロイター] – 日銀は水曜日、日銀が防衛に苦労している債券利回りの上限を含め、超低金利を維持し、インフレ圧力の高まりを受けて大規模な景気刺激策を段階的に廃止するとの市場の期待に逆らった。

この突然の決定により、円は他の通貨に対して下落し、投資家は中央銀行が利回り制御政策を改革することを見越して賭けを投げ捨てた。

2 日間の政策会議で、日銀は全会一致で、短期金利を -0.1%、10 年物利回りを約 0% に設定したイールドカーブ コントロール (YCC) の目標を維持しました。

以下は、会合後の記者会見での日本銀行の黒田東彦総裁のコメントからの抜粋であり、ロイターが翻訳したものである。

コア消費者インフレ率

「2023 年度後半には、コア消費者物価指数が 2% を下回る水準まで減速すると予想しています。インフレの方向性を見ると、需給ギャップの改善により、物価目標に向けてインフレ率が徐々に加速する可能性があります。長期およびより高い賃金に対する平均およびインフレ期待。 しかし、インフレが着実かつ持続的に目標物価に到達する見通しはまだ見えていない」と述べた。

超簡単メンテナンスポリシー

「日本経済の不確実性は非常に高い。景気刺激策で経済を支え、企業が確実に賃金を引き上げられるようにする必要がある。超緩和政策を維持することで、安定した価格目標の達成に努める」賃金の引き上げを伴う持続可能な方法。」

生産を拡大する

「利回り目標を中心にさらに範囲を拡大する必要はありません….」

「12 月に行動を決定してから、それほど時間は経っていません。対策が市場機能の改革に効果を発揮するまでには、まだしばらく時間がかかるでしょう。しかし、柔軟な市場操作を通じて、市場機能の改善を期待しています。今後改善すること。」

「したがって、YCCは持続可能である可能性が高いです。」

経済成長

「日本経済は 3 年連続で潜在成長率を上回る可能性が高い。これは、旺盛な需要により賃金と物価が上昇することを意味する。一方で、輸入コストによる上昇圧力は徐々に薄れていく。値動きに影響を与えます。」

日銀への資金供給業務の拡大

「この動きにより、日本国債市場の需要と供給に直接影響を与えることなく、長期金利を引き下げることができます。この手段をさまざまな満期に、さまざまな方法で使用したいと考えています。」

「我々は市場機能を強化するために12月に行動を起こしたが、我々の意図は必ずしも市場の動きに反映されていなかった.そのため、市場機能を改善するための我々の措置の効果が最大化しました。」

拡張された資金供給に対するマイナスの価格設定

「マイナス金利の適用を排除しない」と述べた。

インフレ率が 2% に達する前に、マイナス金利を放棄することはできますか?

「金利を現在の水準またはそれより低い水準に維持することを約束するガイドラインがあります。それがすべてです。」

拡大された資金供給は YCC の新しいツールですか?

「このスキームは金融政策ツールとして適用されました。拡張プロセスは効果的です。私たちはこのツールを拡張しました。しかし、私たちの決定はYCCが限界に達したことを示しているとは思いません。実際、このツールは適切な利回りを形成するのに役立ちます。曲線。”

作物カバーを守るための債券購入の大幅な増加

「日銀が国債買い入れを強化したことに大きな問題はないと思う」と述べた。

賃金見通し

「過去とは異なり、労働者や組合の幹部からのコメントを聞くと、賃金はわずかに上昇すると予想されます。冬のボーナスの支払いは増加し、企業の利益は記録的なレベルにあります.賃金の上昇のペースは加速しています.しかし、それは私たちが何かです.過去に見たことがないので、賃金が実際に上がるかどうかは 100% 確信が持てません。」

実質金利

「金融緩和の影響を見るときは、実質金利を見る必要があります。実質金利が低下しているため、金融緩和の影響は非常に大きくなっています。12 月にイールド バンドを拡大したという事実は、金融緩和の影響に深刻な影響を与えます。

日銀は YCC を維持しながら短期国債利回りを生み出すことができるか?

「過去に IMF がこれを示唆したことは事実です。しかし、短期金利と、日本のベンチマーク利回りである 10 年国債利回りをターゲットにする方が適切であると考えています。もちろん、私たちはそうではありません。 YCCでは何も変えないと言っていますが、現在の目標は適切だと考えています。」

(木原レイカによる報告)。 ラシュミ・アイシュ編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  バイデン氏、日本の買収計画見直し中、USスチールを「完全米国企業」に維持すると約束