Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

訪日経済ミッション3日目:つくば訪問と日本・ルクセンブルク友好議員連盟との会合でスタートアップに焦点を当てる

訪日経済ミッション3日目:つくば訪問と日本・ルクセンブルク友好議員連盟との会合でスタートアップに焦点を当てる

ミッションの3日目は、主にスタートアップエコシステムに特化したイベントによって特徴付けられ、宇宙技術分野で活躍する、筑波に本拠を置く物質・材料研究機構の一部門である日本のスタートアップ企業Thermalyticaが参加した。 、ルクセンブルクに事務所を開設することを正式に発表しました。 つくば市でイベントが開催されました。

この日は、日本・ルクセンブルク友好議員連盟との朝食会で始まり、世襲大公殿下、ザビエル・ベッテル副首相兼外務・外国貿易大臣、レックス・デリス経済・中小企業大臣らが出席した。 。 エネルギー・観光フォーラムは、林芳馬会長や他の国会議員らと意見交換する機会があった。

林芳真氏は外務大臣など複数の閣僚を歴任した後、2023年12月から首相府の官房長官を務めている。

つくば市を訪問

その後、参加者は東京を出発し、日本の研究とイノベーションの中心地であるつくば市に向けて首都から1時30分頃に出発し、そこで同市の五十嵐達夫市長の栄誉ある歓迎を受けてワーキングランチをとった。

より大きな自治権を持つ特別市として、つくば市には 60 の国立研究機関と 2 つの国立大学があり、高等教育・研修、建設研究、理工学研究、生物・農業研究、共同(一般)研究の 5 つの地域に分かれています。 アメニティ。 これらの地域は 240 を超える民間研究機関に囲まれています。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の本拠地がここにあります。 市の人口 245,000 人のうち、20,000 人が研究部門で働いています。 この都市はスタートアップに対する強力な支援で知られています。

午後は、量子技術研究開発センターがあり、産業界との連携が強い文化を持つ日本最大級の国立研究機関である産業技術総合研究所(産総研)を訪問しました。 この訪問は、最初の連絡を確立し、将来の協力分野を探索するために企画されました。

その後、代表団は国立材料科学研究所を訪れ、研究所のガイド付きツアーを行いました。 NIMS は、材料科学分野の発展に注力する日本有数の研究機関です。 訪問の目的は、日本の産業の基盤の一つを形成する日本の先端材料研究を詳しく調査し、研究および産業応用における将来の協力の機会を探ることでした。

これらの訪問中、データエコノミーと人工知能について何度も議論され、商工会議所が率いるビジネス代表団も出席した。

「コンセンメントナイトつくば~ルクセンブルク」

一日の終わりには、スタートアップに特化したイベントが両エコシステムの強みを強調し、ルクセンブルクと日本のスタートアップ 4 社が革新的で技術的なソリューションをプレゼンテーションの形式で発表しました。 レックス・デリス経済・中小企業・エネルギー・観光大臣は開会の挨拶を行い、欧州市場への参入を希望する外国企業にとってルクセンブルクが魅力的な市場である理由を改めて述べた。

このイベントは、Luxinnovation、ルクセンブルク商工会議所、および外国貿易促進を担当する日本の機関である日本貿易振興機構(ジェトロ)が、これらの機関の間で締結された協定に基づいて共催した。 参加企業は約 94 社で、そのうち 43 社はオンサイト企業、51 社はオンライン企業でした。 思い出していただきたいのですが、2022年12月、Luxinnovationはつくば市と覚書を締結し、経済発展とイノベーションの促進に協力し、双方の革新的な企業に相互支援を提供することを目的としており、同時にルクセンブルク商工会議所とも覚書を締結しました。 Luxinnovationはまた、ジェトロとの協力を強化するための覚書をジェトロと締結した。

セミナー中に、Thermalytica はルクセンブルクに支店を開設することを発表しました。 NIMS の子会社である同社は、地上および宇宙用途向けに、特許取得済みの TIISA® 断熱材をベースとした最先端のソリューションを提供しています。 彼女は 2023 年の ICT Spring 展示会に参加し、その後、Fit 4 Start アクセラレーター プログラムに応募して参加者に選ばれました。

レックス・デリス経済・中小企業・エネルギー・観光大臣は、「今日つくばを訪問し、若い起業家や研究者と会い、幅広い分野の技術革新を発見できることをうれしく思います。公国での長期的な存在感を確立することを決定した「記録的な速さで子会社を設立したことは、ヨーロッパ企業の拠点としての我が国の魅力という点で非常に心強いものであり、この成功事例が他の日本のスタートアップ企業に刺激を与えることを願っています」同じ道を歩むこと。」

この日の締めくくりとして、ルクセンブルク名誉総領事でTDKルクセンブルク元CEOの澤辺肇氏が公式代表団を迎えての表敬夕食会が開催されました。

経済省/外務・欧州問題・国防・開発協力・外国貿易省が発行したプレスリリース

READ  編集 | アフリカ開発への日本の投資はかつてないほど重要になっている