Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

認知症を患い、死の幇助運動を行っていた作家ウェンディ・ミッチェルさんは「餓死した」

認知症を患い、死の幇助運動を行っていた作家ウェンディ・ミッチェルさんは「餓死した」

家族がオンラインに投稿したメモによると、認知症を患い、死の幇助の合法化を求めて活動していた作家が餓死した。

ウェンディ・ミッチェルさん(68歳)は、2014年に58歳で診断された初期血管性認知症とアルツハイマー病について数冊の本を書いている。

共著者の協力を得て制作した 3 冊目の本では、緩和ケアへの準備について説明しています。

ミッチェルは死の援助を支持し、それを「穏やかで解放的なもの」と呼んだ。

彼女の家族が木曜日にオンラインで共有したメモはファンに「あなたがこれを読んでいるということは、私が残念ながら亡くなったので、娘たちがこれを投稿した可能性が高いことを意味します」と語った。

「結局、私はもう食べたり飲んだりしないと決めたから死にました」とメモには付け加えられている。

彼女はさらにこう続けた。「最後の一杯のお茶…カップでの最後のハグ。諦めるのが最も難しいこと、決して食べたくなかった食べ物よりずっと難しい…この決断は、自己憐憫の気まぐれで下されたものではありませんでした。読み続けることで発見できるでしょう。

「認知症は、自分の存在そのものを裏切る残酷な病気です。私は常に中途半端な人間で、人生のネガティブな部分を変えてポジティブな部分を生み出そうと努めています。それが私が対処する方法だからです。」

ミッチェルさんは、来週ペーパーバックで出版される予定の3冊目の著書『One Last Thing: How to Live with the End in Mind』の中で死の幇助への支援について書いている。

「自主性を持たず、自立せず、いつ、どのように物事を行うか完全に他人に依存するのは、今日のウェンディが将来ウェンディに望んでいる人生ではありません」と彼女は書いた。

彼女は木曜日に出版したメモの中でこの本に言及し、次のように書いている。

「人生において私たちが持つべきではない唯一の法的な選択は、私たちが生まれたときです。他のすべてについては、人間として私たちに選択権があるべきです。どのように生きるか、どのように死ぬかを選択することです。

ミッチェルさんは、このような形でファンにニュースを伝えたことを謝罪したが、「もしそうしなかったら、私の受信箱は無事かどうか尋ねるメールでいっぱいになっていただろうし、娘たちもそうするのは難しかっただろう」と述べた。答え。”

READ  マイク・ペンス氏、2024年の大統領選挙活動を中止