Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

誘拐:身に着けて-そしてそれらのアウェアネスリボンについて話してください!

日本のストライカー 北朝鮮人権意識週間の2020年と2021年のエッセイコンペティションで賞を受賞した英語で書かれた4つの学生エッセイを特集することを嬉しく思います。

英語エッセイ部門2等賞(2021年)

作成者:Heroes Foca

群馬国際アカデミー高校11年生

北朝鮮のエージェントが新潟市で横田めぐみを誘拐してから44年になる。 まだ返却されていません。 メグミは、人生、幸せ、夢が突然奪われたとき、わずか13歳でした。

この恐ろしい行為は私の母と同じ地域で起こりました。 その結果、誘拐は私の心に近い話題でした。 その結果、誘拐に注目を集めるためのアウェアネステープキャンペーンに参加しています。 意識向上テープの使用には良い面がありますが、知識の共有なしでは機能しません。 意識テープキャンペーンは、テープについて話す機会を与えれば、変化をもたらす効果的な方法です。

アウェアネスリボンキャンペーンには、問題に関連する色のリボンを着用する人々が含まれます。 青いバーは通常、日本の誘拐被害者の存在と救助を表しています。 日本と北朝鮮を結ぶ日本海と、誘拐された犠牲者と家族を結ぶ空の青色の画像(コミュニティサービスと福祉、2019年)。 アウェアネスリボンキャンペーンへの参加は、リボンまたはアクセサリーとして色を着ることができるため、多くの人々の手の届くところにあります(Community Welfare and Service Division、2019)。 関連する色を見ると、サポートが示され、問題に注意が向けられるため、声明を出すことができます。

残念ながら、日本ではアウェアネステープキャンペーンの認知度は低いです。 65人の青いバーの認識について調査を行ったところ、77%が意味を知らなかった。 ブルーリボンの動きは広まっていないと言えますが、拓殖大学の調査によると、52%の人がボランティアを経験し、69.0%が慈善イベントを行っています(Kanjyo、2019)。 また、新潟県は意識向上テープの調査を実施し、新潟県民の66.8%が登録・寄付で誘拐問題に貢献したが、ブルーテープを貼って貢献したのは8.8%にとどまった(公務員)と政府、2019)。 人々が気づきのテープを見たり聞いたりする機会が少ないことが、この運動を知らない理由です。

多くの人がボランティアや慈善イベントを行った経験がありますが、彼らは意識テープについて何も知らないかもしれません。それはそれが期待通りに機能していないことを意味します。 アウェアネステープが機能するためには、参加者はテープについて率直に話し、人々がそれらを認識できるようにする必要があります。 さらに、登録されたキャンペーンにお金を寄付するなど、色を身に着けたり、他の支援方法を提供したりして、他の人に参加を促す必要があります。

意識を高める色を示すことを恐れないでください、そしてテープの背後にある意味についてあなたの周りの人々と話してください。 そして、誰かがリボンを着ているのを見たら、彼らに聞いてください! それについて話す場合にのみ機能します。 めぐみはいつか帰ってくるかもしれませんが、それまでは彼女の記憶にスカーフをつけていきます。

著者:HIROSE Fuka

が主催する 誘拐事件の本部日本政府は、法務省、外務省、文部科学省の支援を受けて、2017年から中高生を対象とした「意識の認識」に関するエッセイコンテストを後援しています。北朝鮮における人権侵害。 懸念される問題の中には、少なくとも1970年代から、13歳の横田めぐみを含む北朝鮮の政府機関に誘拐された日本人がいます。

リンクされたグループとして出版された4つのエッセイは、人権に対する中高生の真剣な考えと、私たち全員が北からの誘拐や他の人々の移転について考えるこの世代の希望と考えを示しています。 解決に向けた韓国の人権問題。

記事を読む:

誘拐は日本と北朝鮮の問題だけではありません。それは世界的な問題です。

誘拐問題を解決するためのガイド

希望:伏黒恵の自由への最後の一押し

(北朝鮮による日本人誘拐の報告は他にもあります。 このリンクで。)

READ  東京2020オリンピック:男子ゴルフが始まり、熱がテニスを変える-LIVE! | スポーツ