Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

説明者: G7 議長国である日本にとって、クリーン エネルギーへの移行がなぜそれほど重要なのか

説明者: G7 議長国である日本にとって、クリーン エネルギーへの移行がなぜそれほど重要なのか

東京(ロイター) – 日本は、石油から液化天然ガス(LNG)まで、ほぼすべてを輸入する必要があり、今年の G7 議長国の内外政策の中心にクリーン エネルギーへの移行を据えています。 国。

エネルギーの乏しい日本と世界第 3 位の経済大国は、水素、風力、原子力などの燃料を組み合わせて、2050 年までにカーボン ニュートラルを達成することを目指しています。

日本にとっての水素の重要性と定義は?

水素は化石燃料のクリーンな代替物として推進されており、エネルギー、自動車、鉄鋼、化学などの主要産業は、炭素排出量を削減するために水素に切り替える方法を検討しています。

日本は、水素の定義をクリーンとアンクリーンの 2 種類に変更したいと考えています。 日本の経済産業省 (METI) によると、クリーンな水素は再生可能エネルギーまたは化石燃料から生成されますが、二酸化炭素の回収と貯蔵が行われます。

水素は現在、生成元の種類によって色分けされており、その識別はその清浄度またはグリーン度も反映しています。

日本は水素の供給量を現在の年間約 200 万トンから 2040 年までに 1,200 万トンに増やしたいと考えており、オーストラリアから中東まで、世界中の多くの国とサプライチェーンに合意しています。

アンモニアの役割は何ですか?

日本は、石炭火力発電所の寿命を延ばすことを目指しており、窒素と水素からなる有毒ガスであるアンモニアを燃料混合物に追加するという野心的なプロジェクトで、安定した電力供給と二酸化炭素排出量の削減を一気に実現することを目指しています。 .

最大の発電事業者である JERA は、2021 年から中部日本の発電所でパイロット プロジェクトを実施しています。日本は、オーストラリア、ノルウェー、中東などと協力してサプライ チェーンを構築し、アンモニア燃料の需要を 300 万トンに増やしたいと考えています。当面ゼロから2030年までに毎年

これまでのところ、他の G7 諸国との間で水素とアンモニアの役割を排出量削減の効果的なツールとして認識することに同意しているが、G7 諸国が 2030 年までに国内の石炭発電を段階的に廃止するという英国の提案には反対している。

日本は LNG についてどう考えているか?

日本は LNG を、少なくともあと 10 年から 15 年は必要となる可能性のある環境に優しいエネルギーへの移行燃料と見なしているが、これまでのところ、他の G7 メンバーにこの化石燃料への大規模な投資を約束するよう説得できていない。

今のところ、ロシアから LNG の一部を輸入している。

日本にとって、化石燃料を使い続けるためには、二酸化炭素の排出を大気から取り除き、地下に貯留する二酸化炭素の回収・貯留技術も不可欠です。 今年発表された長期ロードマップは、2030 年までに年間 600 万から 1200 万トンの二酸化炭素貯留容量を目標としています。

日本はエネルギー部門の排出量をどのように削減できるか?

世界第 5 位の排出国である日本は、太陽光、風力、水力、バイオマス、原子力発電などのクリーンなエネルギー源から電力の約 4 分の 1 を調達しています。

日本は 2030 年までに最大 10 ギガワットの洋上風力発電を設置し、排出量を 2013 年のレベルから 46% 削減することを目指しています.これには、電力構成の 36% から 38% に再生可能エネルギーを増やすこと (2019 年のレベルの 2 倍) と原子力エネルギーを 20 に増やすことが含まれます。 %. % から 22% へ 6%.

以前は新しい原子炉を建設する計画はないと言っていた地震多発国である日本は、昨年、原子力エネルギー政策に大きな変化をもたらした。 2011 年の福島原発事故でほとんどの原子炉が停止した後、現在は廃止された原子炉を交換し、他の原子炉の寿命を延ばすことを目指しています。

日本には炭素価格制度がありますか?

日本は今月から、排出量取引と炭素税を組み合わせた段階的な炭素価格制度を導入して、企業が汚染を削減することを奨励しています。

4 月 5 日に発表された声明草案によると、主要先進 7 カ国の気候変動およびエネルギー大臣は、カーボンプライシングが先進国のネットゼロへの移行における重要な手段であると考えています。

電池の役割とは?

日本が 2050 年までにカーボン ニュートラルになるには、バッテリーが不可欠です。これは、モビリティ デバイスの電動化と再生可能エネルギーの貯蔵に不可欠だからです。

日本は、2030 年までに国内で 150 GWh のバッテリー生産能力を開発し、日本企業による 600 GWh のグローバル生産能力を開発するために、公共部門と民間部門の両方から 240 億ドル以上の投資を目標にしています。

(カチャ・ゴルブコワと大林由香による報告) ジェイミー・フリードによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  Japanese Business News、他メディアの画像無断使用を謝罪